田口峠

2018年09月22日

信州佐久の鯉料理と田口峠

2018年9月中旬
地元ツーリング車仲間で行った佐久の鯉料理と田口峠をメインとしたサイクリング。初日は生憎の肌寒い雨でしたが美味い鯉料理、宿や土地の方々の優しさ、仲間が皆の為持参してくれた火器を使った楽しい田口峠でのランチ、スリリングな田口峠からダウンヒル、楽しい小旅行でした。何時も拙い走りに付き合ってくれる仲間に感謝!
IMG_E5993


IMG_E5981


IMG_E5986
 

=====================


川上村から高原野菜畑越しに望む八ヶ岳が素晴らしいのだが生憎の雨


しかし全員フルマッドガード付きのツーリング車(ランドナー.スポルティーフ)+レインウェァ装備なので快適とまではいえませんが、こんな状況を結構楽しんでいます。


呼吸器系の不良ながらなんとか押し無しで馬越峠到着、天気が良ければ八ヶ岳と佐久方面が一望できるのですが下界は一面の霧

IMG_E5995
 

========================


鯉料理の宿到着  

IMG_6007
 



IMG_6013


IMG_6014


IMG_6017

雨中の走行でドロドロになっている自転車を女将さんは「きっと命から何番目、、、ってぐらい大事なな自転車なんでしょ」と言って快く宿の食堂内に入れくれました。


佐久の鯉は川魚特有の臭みが皆無で実に美味しいのです。

ここで鯉を食べると川魚嫌いの人は概念が変わりますよ

=========================




IMG_6018

翌朝メンバーのスポークニップルが割れている事が判明、宿のご主人が近くの自転車屋さんに連絡を入れてくれる、、、これからウチにサイクリングで来て泊まったお客さんが行くから宜しくと、、、


宿で紹介されたのはお爺さん一人の小さな自転車店、ニップルだけ譲って頂ければ幸いと思っていたが手際良く交換と振れ取りをしてくれて200円でいいよ!と、因みに店内に貼ってあった料金表にはパンク1700円と、、、それじゃあ悪いですかたらと言っても受け取らす「気をつけて良い旅を!」笑顔で送って頂きました。

IMG_6023
 


=======================

IMG_6025
 

臼田の龍岡城見学、小さいですが五稜郭なんです。

日本では函館とここの二つだけ

IMG_6032


IMG_6033
 


===============

信州らから上州へ田口峠超え

お昼時は山中なので臼田の町で買った麺類をお湯を沸かして、、、

こんな食事でも自分達でお湯を沸かして峠で食べるとご馳走になります。


IMG_E6041
 



IMG_E6046



IMG_6050

===================

田口峠からのスリリングなダウンヒルを降り群馬県の南牧村(なんもくむら)蝉の渓谷が素晴らしい。(野辺山の長野県南牧村は同じ字を書いて、みなみまきむら、この二つの村の間には長野県北相木村が挟まるのみ、歴史的に関係あるのか知りたい)

IMG_6057
 




上信電鉄下仁田駅がこの小旅行の終点ここから輪行の人に


IMG_5649
 

IMG_6065




aiz_rando_soba at 01:34|PermalinkComments(0)