2015年06月01日

小熊黒沢林道〜大峰高原クラブラン



2015/05/23〜24 小熊黒沢林道〜大峰高原クラブラン


数年ぶりに所属クラブのクラブラン幹事を引き受けました。

クラブのメンバーは車種経験等様々なので誰でも信州のダイナミックな景色と自然が楽しめるコースとしました。


 DSCN0579



長野県大町市中山高原

[1日目のコース]
  信濃大町駅集合→木崎湖キャンプ場→小熊黒沢林道(反時計周り)→パラグライダー発着ポイント

→鹿島槍スキー場→黒沢ー爺が岳スキー場下→大町温泉→木崎湖民宿



BlogPaint

















======================================================



 





DSCN0520

小熊黒沢林道お約束の小休止ポイントその1 最初に木崎湖が見下ろせるポイント
みんな、、、と思いつつもやっぱり停まってしまいますね









DSCN0524







DSCN0529



































小熊黒沢林道お約束の小休止ポイントその2 

ここは9割以上の人が停まりますよね? 

小熊山の尾根を一度越え西側(北アルプス側)の景色が開けるところ、ここで鹿島槍が見えるか見えないかで感動の度合いが変わりますね
 






DSCN0537









そしておなじみの東側(木崎湖側)のピーク


説明不要ですね!


西側(北アルプス側)との景色の連続性の無さがここが別の大陸プレートの境目
フォッサマグナの真上だという実感が湧きます。木崎湖も断層湖ですしね






DSCN0539


 




























DSCN0550





何度来ても壮大な北アルプスの景色に感動します。








BlogPaint





スキー場までのテクニカルなダウンヒルが終わると黒沢のなだらかな爽快な下り





DSCN0555























BlogPaint
 





あっという間に木崎湖温泉の民宿に到着

距離こそは40Km程度と短いものの非常に濃いのが小熊黒沢林道の特徴

ちょっと距離的に走り足りないかもしれないが、その分?温泉と食事とアフター(もちろん吞み)を楽しみました。




[2日目のコース]  北アルプス大展望コース...木崎湖民宿→新行高原→中山高原→大町山岳博物館→信濃大町(昼食)→大峰高原→林道花岡山線池田町→松川村→穂高駅



DSCN0570



2日目は大町東側の尾根沿いに北アルプスの展望を楽しむコース

まずは木崎湖畔に出て水辺と昨日は走った小熊山の風景を楽しみ稲尾から新行方面を目指す



小熊山とは異なる緩やかな高原の中をゆったり登ると中山高原


DSCN0578




 

木崎湖から僅かな登りでこの絶景!こんな簡単にこの絶景が見れちゃっていいの?ってぐらいの大町市






この後一度市街まで下って大町山岳博物館へ充実した展示内容と館内からの展望を楽しむ




BlogPaint








昨日は昼食時間が林道内だったのでコンビニのおにぎりだったので今日は信州ならではの蕎麦に決定。(自分が幹事ですからねw)






DSCN0586


 













d924820b-s




信濃大町 手打ち蕎麦処 こばやし




IMG_0990
































地元の山菜類がたっぷりのったぶっかけ「塩の道蕎麦」をいただきました。(^^)

やはり蕎麦を食べないと自分のサイクリングじゃありませんW




食後はまた尾根の上まで登り大峰高原へ







DSCN0594


 
 

















DSCN0596






池田町の大カエデ 






DSCN0597

































大峰高原から林道花岡山線で池田の町まで下り、国道を避け長閑な農道をメインに走り穂高駅にて解散


久々にクラブメンバーと大好きな信州を走れ充実した2日間でした。

===================================================

サイクリングクラブ CR2C 

横浜市青葉区を活動拠点とするサイクリングクラブです。

ニューサイクリング誌運営コアメンバーの経歴を持つ、故山本秀男氏が1983年にクラブを創設しました。


http://cr2c.sports.coocan.jp/xoops/

CR2C Web Site - 山本秀男記念館

50年代のサイクル誌掲載記事等が読めます。

http://cr2c.sports.coocan.jp/xoops/modules/tinyd0/ 
 


 


この記事へのコメント

2. Posted by aiz   2015年06月04日 09:11
コメント有り難うございます。

”春の朝”ですかー
isさんらしいな♪〜
1. Posted by is   2015年06月04日 08:20
楽しい写真 ありがとうございます。
 時は春 陽はあした
 あしたは七時
 片岡に露満ちて
 揚雲雀なのり出て
 蝸牛 枝にはい
 神 空にひろしめす
世はすべて こともなし
久しぶりに ブラウニングの詩を思い出しました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字