2014年05月30日

小谷村大久保林道 望郷の郷/中土「蕎麦屋 蛍」その2

中土 「そば屋 蛍」へ


アルプスの展望を満喫した後、大久保林道をまた姫川沿いまで下り下里瀬温泉を経て中土へ





DSCN2136










DSCN2145










DSCN2142





























店内より薪は蕎麦を茹でる釜用





===================================================





DSCN2123




DSCN2122









折角登ったのだが遥下に見える里までピストン











中土小谷温泉入り口から乙見山、湯峠方面に登る

DSCN2158

 





小谷温泉まで1/3ほど登ったところに案内の看板




DSCN2133
 










看板から数百メートル程度だが予想通りけっこうな坂、、、





DSCN2135 








































DSCN2139










DSCN2140

























到着、なかなか良い感じじゃないですか






DSCN2138















しかし土曜ということもあって店の前には十数人のウェイテング中の方達が、、、




食べ物屋とネズミーランドのアトラクションで並ぶのがなにより嫌いな自分ですが
蕎麦屋は特別なので、周りの自然を満喫しながらのんびり待つことにします。











DSCN2143











おぉ!大好きなくるみダレがある!

しかも180円!


んっ!?


自分で擂るの?






 


おぉ〜(^^;


擂り方の説明とともにこの状態で供されました。



これでお蕎麦がくるまでゴ〜リゴリ自分で粉っけが無くなるまで自分で擂ります。




女将さんいわく「がんばってくださいネ」とニコリ、、、








DSCN2147








途中できた地元で穫れた山菜や野草の天婦羅、一人だとかなり多いです。






DSCN2149












ゆっくりビールを飲りながら食べたいなぁ、、、





などと考えているとお蕎麦が運ばれてきました。


抜きのみで打った「蛍の緑」が売り切れてしまったので

玄挽きの「深里」をお願いしました。

もっと黒っぽい田舎風の玄挽きを想像していましたが抜き実の多い美しい翡翠色の蕎麦です。

そして香りが素晴らしい!前に置かれただけで、ふわっ〜 っと香りが漂うのです。





DSCN2150










自分で擂ったくるみも漸く粉っぽさがなくなり良い香りがしてきましたが
この挽きぐるみのお蕎麦はそれに負けないぐらいの穀物感たっぷりの香ばしさ!






出来上がったくるみ汁も美味しいのですが、迷わず何も付けずにまず蕎麦だけ食べました。








ん、んんんんん、、、、、、、、う、う、美味い!!!




もう今日は峠も林道も未開通で走れなかったけど
もーーどうでも良いや!この蕎麦を食べられたから満足!
そんな蕎麦でした。(^^)
 


DSCN2152








DSCN2154







薪で茹でている釜







大満足で小谷道の駅に戻ってきました。






DSCN2164






今日の宿. . .

右の建物ではありません。

自転車の後ろの青いSAABです。リアシートを倒してシュラフを広げれば足を伸ばして快適に寝れます。
スカジナビアンホテル?(^^;







まだ陽が高いので道の駅周辺をポタ



程近い大糸線(北線JR西日本区間)北小谷駅に行ってみました。
勿論無人駅です。


運良く?あと30分で列車が来るので待ってみることしました。
(この区間極端に本数が少なく2〜3時間に1本なので、あと30分でも運が良いのです。)











DSCN2161









数年前乙見山峠に向かう時は旧国鉄色に塗られたキハ52が走っていたので
もしかしたら、、、と待っていたのですが、、、













やって来たのは味気ないレールバス型の新車両でした。(残念...)


まぁ地元の利用者や運転手さんは新しくて綺麗で故障の心配が無い新型のほうが良いとは思います。










DSCN2162





































ここは道の駅の直ぐ北側、平成7年の大水害で濁流と化した姫川に道路ごと流された部分です。

手前の壁の様なコンクリートは後ろに見えるスノーシェッドと繋がっていた山側の壁部分
縦の赤線の部分から寸断され(手前壁の赤黄斜線部分が寸断された部分)屋根部分、川側柱部分は
道路ごと流失した様です。



現在は人工的に姫川の流れを東側に替え、そこに新しい道路や道の駅が出来ています。



BlogPaint




自然の驚異を感じさせる光景です。
V字谷地形特有の自然とともに生活されるこの土地に住まわれている方の苦労がしのばれます。













漸く陽が暮れて来たので道の駅へ戻ります。




もう今日は乗らないのでまずはビールでのどの渇きを潤します。

この道の駅の食堂はよくあるファーストフード的なものとは違い凄くメニューが充実しています。
それもほとんどが小谷村産の材料を使ったもの、つまみは小谷村野豚のコロッケ 



 


DSCN2165







このあとはやはり道の駅内の温泉へ濁り湯で露天もあって、食事を500円以上すると
通常620円の入浴料が半額310円に!それにその日の内なら何度でも再入場可能!









温泉を満喫し夕飯タイム



地酒の瓶をオブジェにした食堂のパーテーション
ちょっとした洒落た居酒屋みたいです。


DSCN2175









全て単品で選べるのがまた良い



地ビールに小谷村産の豆腐(味が濃い!)信州サーモンの刺身
ご飯はなんと地米を釜戸で炊いています。
このご飯を楽しむ為に卵がけご飯セットを注文


DSCN2172








お酒がこんなに有るんです♡


飲酒運転する人がいないか心配になってしまうほどの品揃え





DSCN2176










もちろんよくある道の駅の様に地元で穫れた野菜等も充実



DSCN2177













ほんと素晴らしい道の駅です。






DSCN2171
























明日は信濃大町 鷹狩山〜中山高原へ







蕎麦屋 螢

長野県北安曇郡小谷村大字中土16588
TEL:0261-85-1810
11:30~17:00 (土日は14:00ごろ売切じまいすることがあるようです。)
休:火・水曜日/11月中旬~4月下旬







道の駅 小谷
〒399-9601
長野県北安曇郡小谷村北小谷1861-1

売店・温泉の営業時間

10:00~21:00
休:水曜
温泉食堂最終受付20:30


=========================================================


aiz_rando_soba at 08:15│Comments(9)

この記事へのコメント

9. Posted by is   2014年06月11日 08:08
失礼しました。
お市の最後は越前北の庄で 小谷は浅井氏です。
8. Posted by aiz   2014年06月10日 20:43
is 様>

すいませ〜ん分からないです。
ググッて調べてみて下さい m(_ _)m
7. Posted by is   2014年06月10日 12:20
 柴田勝家 お市終焉の地の小谷ですか。
6. Posted by aiz   2014年06月09日 09:24
美濃和人  様>
高級そうなホテルですね!>>何時でもタダで停まれる貧乏人用の宿です。

1BOXカーの方が寝たり自転車を積むには便利なんですが、ドライブ中が退屈なので運転感覚が変わらない乗用車タイプのステーションワゴンが好きです。
5. Posted by aiz   2014年06月09日 09:19
ぬうぼマン 様>  ホント良い蕎麦でした!
この道の駅21時まで開いてるところが有り難いです。
良い道の駅でも17〜18時頃までっていうのが多いですから。
4. Posted by 美濃和人   2014年06月07日 20:32
スカンジナビアンホテル・・・高級そうなホテルですね!一泊三万円は下らない(笑)5月でしたらスリーシーズンのシュラフでも大丈夫ですね。

クルミを擦る棒・・・山椒の木ですかね!
3. Posted by ぬうぼマン   2014年06月05日 11:02
う~ん、良さげな蕎麦だなあ・・・薪で茹でるなんてまた、風情があるなあ。

しかし「道の駅 小谷」もすごいなあ。温泉もあるし充実している。おおっ「両神山」置いてある。最近の道の駅はどこもすごいなあ。
2. Posted by aiz   2014年06月04日 23:12
mustache 様>

胡桃が上質で、これはこれで良かったのですが
それを上回る蕎麦の香りが素晴らしかったです。
1. Posted by mustache   2014年06月04日 12:38
クルミの香ばしさが...
圧巻です!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字