奥久慈蕎麦ポタの旅 その1 奥久慈パノラマ林道/月待の滝 もみじ苑元祖粗挽き蕎麦 荻窪「本むら庵」

2013年11月21日

奥久慈蕎麦ポタの旅 その2/常陸太田 「慈久庵」〜「慈久庵 鯨荘 塩町館」

奥久慈蕎麦ポタの旅2日目

前日は男体山山麓の林道を中心に走ったので、
2日目は日本の原風景の様な奥久慈の里の中を走る街道を流そうと思っていたのだが、、、






DSCN0749





竜神大吊橋より水府の里を望む







DSCN0743












DSCN0766































目覚めると生憎の雨

朝の時点では霧雨だったが予報ではかなり荒れ模様になるとのだったので
仕方無く自転車を積み込み昼飯を予定していたお蕎麦屋がある竜神峡(常陸太田市)方面へ車を走らす。



=============================================================


 



車を走らせていると雨は降ったり止んだりと行った感じで、路面が乾いているところさえある


少しは自転車に乗りたいと思い目的のお蕎麦屋から近い温泉施設近くの駐車場に車をデポし
お蕎麦屋に向かう。

復路雨で濡れても温泉に入って温まってさっぱりして帰路につけるだろうという算段

DSCN0763



長閑な水府の里をスタートし観光名所になっている龍神大吊橋方面に折れ
急坂を登る



里の中のとは違い先にある観光吊橋に行く為の観光道路なのでランドナーで走るのにはイマイチ
距離は大したことないので美味い蕎麦の為我慢して黙々と登っていると雑誌等で見慣れた
独特の店舗が見えてきました。





DSCN0725







蕎麦のダイタモンドといわれる常陸秋そばをその故郷地元旧水府地区で
在来農法で手刈り天日干し乾燥で栽培し最上級の蕎麦を打つお蕎麦屋さんです。





DSCN0724
































友人から聞いて覚悟はしていたが本当に凄い人気、
駐車場には他県ナンバーの車が停まり、
まだお昼前だが店の外にまで順番待ちのお客さんが並んでいる






DSCN0732







ご主人は一人で切り盛りし、調理中は一切支払いを含め接客は行わない主義なので
何十分か並んだ末脱落?して店を後にするお客も少なくありません。
それでもここのお蕎麦を食べたいという蕎麦好きが並び続けます。


自分は並ぶのは大嫌いなのですが(なので家族は自分をディズニーランドに誘わない)
ここの蕎麦だけはどうしても食べてみたいという思いで並びました。


幸い隣に並んでいたやはり蕎麦好きで色々な所を食べ歩いているという方と意気投合し
楽しくお話をしていたので あまり苦痛になりませんでした。
(この方とは一緒に来たということにして計画的に相席しました。)

 



DSCN0733









それでもお昼前から並び始め10分程度蕎麦を食べ店を出たのは2時45分でした。(^^;



しかし、それだけ待っても十分納得出来るものでした。



ただ自分の様に蕎麦自体がテーマのサイクリングなら良いですが、
サイクリング中のお昼に立ち寄るといった場合は無理があるでしょう。






DSCN0734






























焼き畑農法で栽培された特上の常陸秋そばを使った「そばがき」
(1.500円なり!)
蕎麦らしい香りと濃い味わい!!








DSCN0736








そして待望のせいろ



待ったかいがありました。



香ばしい香りと深い味わい
汁を付けるのが勿体無いぐらい蕎麦自体の味が濃い!






DSCN0738







ご主人の修業した元祖粗挽きの荻窪「本むら庵」同様の穀物感ある粗挽き




DSCN0739








DSCN0730








店を後にし折角なので観光名所竜神峡大吊橋を観に行きます。





ここまで来たのだから、、、といった気持ちで、、、




この橋、出来た当時は税金の無駄遣いの代表格として結構とりざたされてました。






DSCN0759


おぉ!立派な橋です。




橋の上から見る竜神峡谷もすばらしい!


が、、、、





DSCN0751







DSCN0752





















DSCN0753









通行料300円を支払い渡ってみましたが、渡った先には何もありません。(^^;





対岸にあった集落が便利になったとかいうことは一切無し




建設費33億円だそうです。





早い話が吊橋型展望台?




ちなみに出来た当時は日本一の吊橋人道橋だったそうですが
現在は大分県に出来た吊橋人道橋に超され本州一と謳っています。









DSCN0757



竜神峡から竜をイメージしたデザインらしいのですが、
趣味が悪い改造トラックの様に見えて、、、




まぁ、なんだかんだ言いながらも、それなりに楽しましてもらいました。
地元の不必要な負担にならないことを祈ります。








DSCN0762




里に降りるとこんな長閑な風景、やはりこっちの方がしっくりくるな






温泉でゆっくり風呂につかるともう日暮れ、昼飯ポタに出掛けたのにもう夕飯時です。

自転車を積み込み常陸太田市街へ







夕飯時ということでもう一軒


DSCN0774



昼に行った「慈久庵」のお弟子さんのお店「慈久庵 鯨荘 塩町館」です。


古い町並みが残る常陸太田鯨が丘にある情緒あるお店。





DSCN0776







お蕎麦の切り方は若干違いますが粗挽きで深い味わいの風味は共通のもの


こちらは街中のお店で入り易く、またゆっくりと訪れてみたいと思わせるお店でした。


美味そうな地酒も沢山あったので常陸太田駅から輪行で帰れたらなぁ、、、なんて思いました。









DSCN0778













 
















これで奥久慈の小旅行はおしまい。

名残惜しいですが車を常磐道のインターに向かって走らせます。







「慈久庵」&「慈久庵 鯨荘 塩町館」

については下記のHPを御参照ください。

http://www.jikyuan.co.jp/index.html







============================================================



 

この記事へのコメント

9. Posted by aiz   2014年02月08日 19:17
GRF 様>

接客は相変わらずです(^^;
自分は客の方が偉いといった考え方は大嫌いですが
それでもここのご主人に対する理解と広い心が不可欠です。
お蕎麦は本当に美味しかったです!!
一度は行ってみる価値アリです。
美味しいお蕎麦さえ食べられれば、それ以外のことは我慢出来る方には素晴らしいお店でしょう。
8. Posted by GRF   2014年02月08日 08:52
はじめまして、自転車と細い道の写真が素敵ですね。

私は、阿佐ヶ谷ですので、余りのひどさに二回で止めました。田舎に帰ってよくなったと聞きましたが、踏んでいました。この記事を拝見して、一度は出掛けてみようかと思いました。

阿佐ヶ谷は、沢山おそばのいい店があったのですが、随分と無くなりました。残念です、、。
7. Posted by ciel20   2013年11月26日 19:57
すみません。メールアドレスが店名です。
小麦の仲間たちの中にあります。
6. Posted by aiz   2013年11月26日 06:09
ciel20 様>

上田のパン屋さんてルヴァンの甲田さんとこですか?>>

当たりです。(^^)

「慈久庵さんのホームページの小麦...」見ましたー
メアドって?
5. Posted by ciel20   2013年11月25日 21:43
上田のパン屋さんてルヴァンの甲田さんとこですか?
慈久庵さんを紹介してくれたの甲田さんなんです。
もしかして世間は狭い?
ヒントはメアドと慈久庵さんのホームページの小麦の中に。
4. Posted by aiz   2013年11月25日 19:47
ciel20 様>

美味しそう!
基本的に蕎麦好きは穀物好きなのでパンも好きだったりします。
(信州上田のパン屋さんまで行ったことも、、、)
しっとりした上品なパンより香ばしい大地の香りが
するパンが好きです。
ciel20 様のパン頂いてみたいです。
(差し支えなければお店の場所教えて下さい。)
3. Posted by ciel20   2013年11月24日 20:19
私パン屋をやってまして、天然酵母を仕込むために慈久庵さんの小麦をいただいております。今までは田んぼの転作で作られた小麦をいただいていたので、少しウェットでもちもちしたパンができましたが、慈久庵さんの小麦は畑作なのでからりとしていて、軽いフランスパンができました。とても満足しております。と言っても国産小麦を使ってますので、市販のパンの様にふわふわにはなりませんが。
お取引して何年にもなりますが、いろいろあって伺えてません。行きたいなー。
2. Posted by aiz   2013年11月22日 00:15
蕎麦喰い師 様>

同じ営業方針で街中でやったとしたら...微妙でしょう...
この場所で、この環境で、この客層だからこそ成り立つのだと思います。
自分は個人的にはこういったお店の存在価値を認めますが
万人いや蕎麦好きでもその度合いによっては受け入れられないでしょう。
実際ウェイテング中、脱落者も何組もいました。

お弟子さんの鯨が丘の塩町店は入り易くてお薦めです。
1. Posted by 蕎麦喰い師   2013年11月21日 23:42
これは書いて良いのか悪いのか・・・
阿佐ヶ谷のお店も幾度となく伺いました。そしていろいろな所での酷評のごとく・・・
今の慈久庵の素晴らしい事! 待ち時間を別とすれば!!(実は、私も待つ事が大嫌いで、デズニーランドに入場はしたが何一つ乗らずに門を後にした事があるくらいです)
今の店主は輝いているというか、のびのびと彼本来の仕事を楽しむ姿勢が、そして皆に笑顔を与えてくれるだけの仕事をしているような気がする。(待つ事が嫌いな私をもってしても・・・一生懸命で、精一杯動き回っている店主を見ていると、何故か  許せる  待たされた事を・・・)
私も、近々にまた行きたいな・・

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
奥久慈蕎麦ポタの旅 その1 奥久慈パノラマ林道/月待の滝 もみじ苑元祖粗挽き蕎麦 荻窪「本むら庵」