2013年11月01日

秋の伊佐沼 / 狭山市「みぞろ木」

伊佐沼バヴァルダージュ秋


横浜から都内を縦断しても面白くないので荒川沿いの公園に車をデポして川越伊佐沼へ


荒川左岸、上尾市のCRを下って伊佐沼に向かいます。

初心者向きで退屈と言われる川沿いのCRですうが普段走っている多摩サイや鶴見川と景色や雰囲気が全く違うので
結構楽しめます。
DSCN0572
榎本牧場にて








DSCN0580















初めてお会いした方とも自転車を通じて直ぐに打ち解け合い自転車談義に、
和気あい合とした伊佐沼 バヴァルダージュの長閑な雰囲気が好きです。


DSCN0577

わざわざ待っていて頂いたブルベの達人Huret2100さんのSW.Watanabe 美しい車体です。




========================================================= 


 

DSCN0561





遠くに秩父の山々が見えますが周囲は平野ばかり
多摩丘陵地帯に住んでいると関東平野を感じさせる風景は新鮮です。






DSCN0559
 



多摩サイとは全く違った雰囲気 空が広い!

DSCN0563




DSCN0564





























DSCN0562



桶川の飛行場にアプローチする飛行機








DSCN0566


大宮より上流部に来ると荒川も川幅が細くなり長閑な感じ になります。






DSCN0565


川沿いにこんな牧場があったりします。「榎本牧場」牧場特産のジュラートが人気
サイクリストやローディーも皆一休みするようでバイクスタンドが3セットもありました。

 
 
DSCN0568





DSCN0573








DSCN0574

なんとCR沿いににも牛が!


 







伊佐沼に到着

DSCN0591







DSCN0581
 
















基本的にはフリマですが 「バヴァルダージュ」とはフランス語で「他愛もない無駄話」という意味だそうで

その通りなんとなくこの公園にあつまって自転車談義をしたりピクニック感覚で飲食をしたりと楽しんでいます。

特にフリマでパーツを探すわけでもなくこの雰囲気を楽しみにこられている人も沢山います。






DSCN0582
 
京王閣フリマで偶然お会いした、やはりSWのオーナーrikoパパさんにも再度遭遇
なんとバックはお手製!自転車自体もDIYされたアイデアパーツ満載

詳しくは rikoパパさんのブログで http://blogs.yahoo.co.jp/rikoriko352000






DSCN0579
 
ここにもSW、暫くすると 自分の自転車の前に「私もSWに乗ってます」とオーナーさんが(^^)

お話を聞くと自分の家のすぐ近くにお住まい 方で高校も自分の地元の高校出身とのこと、
世間は狭いです。地元でまたお会い出来るかもしれません。




DSCN0583

以前「長谷川自転車商会」と「まるやま」でダブル遭遇したユンカー☆さんのアルプスQA純粋なサイクリング車といった趣が良いです。



ユンカー☆さんhttp://blogs.yahoo.co.jp/super13so




DSCN0588

スノーレオパードさんの真っ赤なTOEIと mako10さんのBSダイヤモンド風?TOEI


mako10さん http://blogs.yahoo.co.jp/hoshinomako10




DSCN0587


キャンピング車、中高学生の頃はこれで長旅に出ることに憧れたなー




お昼は川越の街をポタリングして前回GWの大混雑で入れなかった手打蕎麦「百丈」
に行こうと思っていたのですが地下さんのグループのところですっかりご馳走になってしまい
皆さんが撤収するまで長っ尻してしまいました。

飛び入り参加で楽しませて頂き、皆さん有り難うございました。




帰りは大宮方面は関越、下道とも大渋滞していたので都心通過を避け入間〜狭山〜西東京経由
で帰り、夕飯を以前から気になっていた狭山市の「みぞろ木」で頂きました。


DSCN0596


 
ご主人はハーレー乗りのロックンローラー、お店の中もワイルドでした。


でもお蕎麦は繊細な十割で香り風味とも素晴らしい


でも量は凄くワイルド、挽きぐるみと十割の二種盛りにしたら普通の3人前ぐらいの量でした。

DSCN0593
 
こんどは自転車自走でお腹を空かして望みたいです。(^^)




みぞろ木

埼玉県狭山市入間川2−1−17 天竜ビル1F
04−2952−3695
休:月(夜)と火(月一回連休あり)
 





==============================================
 


この記事へのコメント

12. Posted by aiz   2013年11月11日 09:06
rikoパパ 様>

返信遅くなってすみません。
ちょっと泊まりで出掛けていました。(スマホ持っていないので外出中は重いサイトはチェックしないんです。)

自分もホームは多摩サイと周辺の支流や鶴見川なので
荒川や江戸川等の関東平野の真ん中を流れる川のCRは
CRと言えど雰囲気が違って新鮮です。
長年やっていると峠道や林道等ばかりに興味が向き
CRは馬鹿にしがちですがアウェイのCRは結構楽しめます。
11. Posted by rikoパパ   2013年11月08日 11:08
こんにちは。

自分のブログや自転車をご紹介いただいたのに、気づくのが遅れまして、どうもスミマセン!
上流のCRなかなか良い感じですね。私も多摩サイしか知らないので、参考になりました。
今回伊佐沼初めてでしたが、雰囲気を満喫できました。
またどこかでお会いしましょう!
10. Posted by aiz   2013年11月04日 18:31
河っち 様>

お声をかけて頂き嬉しかったです。(河っち さんのブログも私のブックマークに入ってます。)

おかげで楽しい時間を過ごせました。
こちらこそまたお会い出来る機会を楽しみにしてしております。

すいません!格好良いなと思って眺めていたのですがレッド君を撮り忘れてました。(^^;
9. Posted by 河っち   2013年11月04日 10:24
こんにちは~。
伊佐沼は何時もあんな感じで過ごしてまする。
買い物よりも皆さんとの他愛もないおしゃべりで気分転換してま~す。
またお会いできるのを楽しみにしてますネ!
8. Posted by aiz   2013年11月04日 01:37
mako10 様

拙ブログへようこそ(mako10 さんのブログは私のブックマークに入ってますよ)

お話が出来て楽しかったです。

某オフではあまりにも人数が多すぎて中々ご挨拶も出来なかったので、、、

カレンダー通りの休みではないのでイベント、オフ等でなかなか御一緒できないのですが、
またお会い出来る機会を楽しみにしております。
7. Posted by mako10   2013年11月02日 20:13
先日はお疲れさまでした。
お声をかけていただき嬉しかったです。
それと愛車をご紹介していただきありがとうございます。

またどこかでお会いしましょう。
6. Posted by aiz   2013年11月01日 22:27
Huret2100  様>

会場に着いてすぐにお声を掛けて頂き嬉しかったです。

伊佐沼では5人ものSWオーナーにお会いしましたが
私の様なSS仕様 ※(Sugoku Standard)は珍しいようです。
でも乗り味は本当のSS仕様とかわらない乗り易さです。
5. Posted by aiz   2013年11月01日 22:18
ユンカー☆  様>

飛び入りで楽しませて頂き有り難うございました。
こちらこそおかげで楽しい時間を過ごさせて頂きました。


アルプス車は変にピカピカより実用品としてしっかり使い込まれた感が
あった方が格好良いと思います
(^^)

差し支えなければまた御一緒させてください。
4. Posted by aiz   2013年11月01日 22:12
mustache 様>

お会い出来て嬉しかったです。
しかしあちこち見て回っているうちに、何人もの友人と話こんでしまい、、、
簡単な挨拶だけで本当に失礼しました。
またお会い出来る機会を楽しみにしております。
今度は蕎麦&自転車談義を楽しみましょう。

喉頭炎>>大丈夫でしょうか?あまり環境の良いコースでは無いと思います。しかし何時も自走で凄いですね

3. Posted by Huret2100   2013年11月01日 20:20
お会いできて嬉しゅうございました。ヘッドチューブ金色かっこいいですね!また宜しくお願いします。
2. Posted by ユンカー☆   2013年11月01日 17:26
5 先日は伊佐沼ご苦労様でした~☆
素敵な自転車を見させていただきました!!!
お陰様で~楽しい一日を過ごせました~☆ (^^)v

アラアラ・・・私のボロALPSまでご紹介いただき~
ありがとうございます! 少々恥ずかしいです~(笑)
またの機会よろしくお願いいたします~(*^^)/
1. Posted by mustache   2013年11月01日 08:10
伊佐沼楽しまれたようですね。
帰路前のお蕎麦とはさすがです。
埼玉方面では心意気で料理がでてくるようなので
注文の時は確認したほうが良いようですね。
(私も何度か失敗しました)

自走だった私は、往路の向かい風(北風)との戦いが
1時間近くあったととから喉頭炎との闘いになってしまいました。(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字