2013年06月30日

守谷市(茨城)小貝川周辺ポタ/「鬼怒川 竹やぶ」

パソコンのHDがクラッシュして約2ヶ月あまり、過去記事はおりをみてUPしたいと 思いますが
まずは最近の記事から、、、

 守谷市(茨城)小貝川周辺ポタ/「鬼怒川 竹やぶ」

SW(渡辺捷治製作所)を衝動オーダーした友人と部品合わせ&打ち合わせのついでに軽くポタリングしようということになり

SWにアクセスの良い常磐道方面へ

DSCN0366

小貝川 沈下橋 小目沼橋



DSCN0335











===========================================================


 


車を守谷市の四季の里公園にデポする。

あやめが綺麗な公園だがピークは過ぎてしまったようだ。
自転車を押しながら軽く散策した後ポタスタート


今日のメインは「鬼怒川 竹やぶ」(もちろん手打ち蕎麦屋さん)での昼食と
小貝川に架かる風情ある沈下橋「小目沼橋」を渡ること


ポタリングって峠越えや林道ツーリングの様なダイナミックな楽しみは無いが
日常のちょっと先でささやかな幸せを感じられる、
サドルの上から見ることによって車や電車に乗っている時は気づかなかった発見がある。
そんなところがポタリングの醍醐味ではないだろうか、、、


よく「今日の走りは100Km以下だったからそんなのポタリングだぜ」なんて言葉を聞くけど
そういうこと言う奴は格好つけてるだけか、本当の意味や楽しみ方を理解していないのでは?


 

前置き?が長くなってしまったが、昼時が近かったのでまずはお蕎麦屋さんへ、
車をデポした公園から極めて近かったのだが、この手のお蕎麦屋さんは
営業時間内でも売り切れ御免というパターンもあるので先に腹ごしらえ




DSCN0333


通りからちょっと小径を入ったところに隠れ家的に佇む「鬼怒川 竹やぶ」

鬼怒川が利根川に合流する最下流部に近い



DSCN0351



入り口は敷居が高そうなちょっとした料亭っぽい雰囲気に写っているが
実際はそんなことはなく、わりと気軽に入れる洒落たお蕎麦屋さん
実際若い人や家族ずれのお客さんも多かったです。





自転車の時は有り難いノンアル、一昔前に比べるとずいぶん美味しくなったと思う。
全世界の戦争に使われる兵器や核開発の科学力や予算をノンアルコール飲料開発に
投入出来たら、酔わないけど全く味が変わらないビールや日本酒が出来るんじゃないだろうか?
そうしたら悲惨な飲酒事故も減るのでは?なんて馬鹿なことを考えてしまった。(^^;


DSCN0336


豆腐...大豆の風味がしっかりと
DSCN0340



甘過ぎない上品な卵焼き

DSCN0341


丸抜きから打ったせいろは結構粗挽き上品だが粗挽きによる穀物感があるもの

これは美味い!


DSCN0347


香りも良い!

DSCN0346



友人はかけを堪能

鰹と蕎麦の香りが湯気とともにフワリと香る、これもいいねぇ〜




DSCN0343



DSCN0348

甘さ控えめの甘味、蕎麦茶によくあう




DSCN0350

客席からは鬼怒川の流れが、、、

前日の豪雨で濁ってしまったが、この情緒ある席で一献傾けたいな





DSCN0337




DSCN0353




食後、守谷市内を一気に抜け小貝川に向かう、
一昔前に訪れた時は日本の原風景が残る田園地帯に関東鉄道のディーゼルカーが走る長閑な町だったが
今や東京に隣接する住宅地と全く変わらない風景に変貌していて驚きました。
特にTx(筑波エクスプレス)が開通してからの急変は凄いんだろうな





しかし小貝川の近くまで行くと自分の記憶にある守谷周辺の風景が残っていました。



ただ一寸遠くをみると真新しいビルや妙に新しい住宅が視界に入ります。
土手の上から筑波山がよく見えたので写真を撮ろうと思ったのですが
どうしてもそれらの建造物が間に入ってしまうので止めました。





小目沼橋までやってきました。
鬼怒川同様小貝川もかなり増水しています。
渇水時は川幅もこの半分ぐらいだし橋脚の下もほとんど川底付近まで見えている筈





DSCN0355




増水により流れや水量もかなり多かったのですが、やはり乗って渡ってみたくなります。

ちょっとだけ緊張しますね。




DSCN0358






DSCN0361


この後は守谷駅に立ち寄り関東鉄道を見て裏道小径を這いながら車をデポした四季の里公園へ




20〜30Kmの短いポタリングでしたが中々味わい深いものがありました。
坂道ばかりの多摩丘陵地帯に住んでいると広々としたこの辺りの景色は新鮮だったりします。






「鬼怒川 竹やぶ」

茨城県守谷市板戸井1917-1
 TEL:0297-46-0088
11:30~17:00 (16:30LO)
定休:月曜

禁煙





==============================================================

この記事へのコメント

6. Posted by aiz   2013年07月07日 02:04
港町・minatocyclo 様>

長閑で良い所ですがこれからの季節は影も少ないし厳しそうですね。
秋になったら、この辺から筑波山方面に向かうのも楽しそうですね。
5. Posted by aiz   2013年07月07日 01:58
is 様>

50年前ですか、、、
自分は30年前に行った記憶がありますが、
北海道にワープしたような気分でした。
50年前の風景見てみたいです。
4. Posted by aiz   2013年07月07日 01:51
wajin  様>

危ないものとどう向き合うか考えるのも教育だと思うのですが、、、
それが人が対処出来るものならそれで良いと思います。

人が対処出来ない危ないモノ(原◯力とか)は排除してほしいです。
3. Posted by 港町・minatocyclo   2013年07月05日 22:43
復活おめでとうございます。
また1号のこの橋・・・奥さんの実家から100mぐらいの距離なんです。夏は暑いのですが良いところです。
涼しい季節に小貝川周辺にでもご一緒しましょう。
2. Posted by is   2013年07月05日 18:11
復帰 おめでとうございます。
昔(50年前)守谷に仕事で数度行ったことを思い出しました。当時はまだ新開地で淋しいところでした。
1. Posted by wajin   2013年07月05日 10:02
初めてコメントをさせていただきます!
クラッシュからの復帰、おめでとうございます(笑)
機械ですから致し方ないですね・・・

沈下橋・・・日本の河川に合った合理的な構造だと思うのですが、事故の責任逃れ?からか、全国から消えつつありますね。いつか四万十川へも行ってみたいなと思っています。

蕎麦のリポートも楽しみにしています!
岐阜の風来人より

コメントする

名前
URL
 
  絵文字