2013年01月22日

鎌倉ゆるポタ(ただし激坂あり)/七里ケ浜「丘の上の蕎麦」

昨年末や正月の記事もUPしていないので
本来そっちの話しの方が先にUPすべきなのだが
この記事は訳あって急いでUPしなくてはいけない...

 鎌倉ゆるポタ(ただし激坂あり)/七里ケ浜「丘の上の蕎麦」

DSCN3584




七里ケ浜





DSCN3581

















DSCN3594








===============================================


大船より懸垂式モノレールの下を通り鎌倉山の常盤口へ、
鎌倉山方向に折れると早速鎌倉特有の激坂、
ヘタレなので直ぐ フロントをインナー(28T)に落とす、
この寒さなのに、あっという間に汗ばんできます。


閑静な鎌倉山の住宅地を抜けピークを越えると相模湾の展望が開けます。
茅ヶ崎烏帽子岩や大磯西湘方面がすぐ近くに望めます。



DSCN3564
 





山間の峠道の様な小径を抜けると景色はがらっと変わって
良く整地された七里ケ浜東の住宅街、
植え込みが綺麗な遊歩道を抜けると目的のお蕎麦屋さんはすぐ




DSCN3567_001







七里ケ浜 石臼挽き 手打ち「丘の上の蕎麦」




DSCN3573








この地に似合う和モダンな雰囲気が漂うお店








DSCN3574_001
















DSCN3569






洗練された香りが良い端正な二八蕎麦


きりっとした辛めの汁に喉越しの良い清々しい正統派の蕎麦です。



玄蕎麦は蕎麦のダイヤモンドとも言われる貴重で高価な常陸秋蕎麦を使われているとのこと




御主人はあの有名な広島の御大に従事した方らしい 、
ビジュアル的にもどことなく共通した雰囲気があります。 

しかし、、、





 
残念なことに2月の中旬でお店を閉めるとのこと... 
 

気になる方はお早めに...





残念な気持ちでお店を出ると店の前の遊歩道の先に輝く海が、


写真を撮っている自分に、散歩中の近所の上品なお婆さんが
「良い写真は撮れましたか」と笑顔で挨拶をしてきました。
「地元で毎日見てても綺麗だなって思うのよ」と...
そうでしょう、この日毎に表情が変化する美しい海と空は
一年365日見ていても飽きずに対話出来るんだろうなと
お婆さんの笑顔からも目の前の景色からも感じました。




DSCN3577
 







目の前の坂を海に向って下ると 





DSCN3578_001
 








七里ケ浜




DSCN3582











DSCN3585

















稲村ケ崎









DSCN3579


















暫く海岸線を走り長谷の大仏(高徳寺)の裏手から源氏山に向います。



DSCN3586








源氏山に登る銭洗い弁天前の激坂です。

距離こそは短いですが和田峠(陣馬街道)の傾斜よりキツいです。



息を切らしながら登り切ると源氏山

DSCN3591




銭洗い弁天下の雰囲気とはがらっと変わり山岳コースの様になります。


どこが「ゆるい」って?

それはどんな激坂があっても、降りて押したって10分以内に登れる
短い距離なので雰囲気はあるけどお気軽にポタリングできるからです。



源氏山から鎌倉七切通しの一つ化粧坂切通しを担いで北側に下ります。
一寸したパスハン気分?


DSCN3592









DSCN3593

















続いて亀ケ谷坂切通しを経て北鎌倉へ
(登りで余裕無く写真無し)

ちなみに亀ケ谷とは昔この坂を登ろうとした亀が
あまりに急で登れず諦めてしまったからとか...
「亀がイヤ」→「亀がヤ」(亀ケ谷)なのか?

本日ランドナーに乗って来た亀(自分)はイヤだけどちゃんと鈍亀速度ながら登りました。 (^^;






DSCN3595





屋根もちょこっとしか無く裏側(円覚寺側)からは踏切を渡らないと切符すら買えない
地方のローカル線の様な北鎌倉駅、賑やかな隣駅鎌倉駅とは全く違った様子
もし輪行で来るならここの方が静かで輪行作業し易いでしょう。




DSCN3598




















駅の裏手から小径に入り、あじさい寺として知られる名月院の前を通り
六国見山を越える坂をまた登り今泉台の住宅地に抜けます。


歩くよりも亀よりも遅くても押さないで乗る主義なんですが
路面がアイスバーン気味で後輪が空回りしてしまい乗車断念
ついに押しが入ってしまいました。




DSCN3602_001



























子供の頃祖母が住んでいた懐かしい家の前を通り、
散在ヶ池(鎌倉湖)に向います。



横浜の直ぐ隣だし祖母も住んでいた事から以前は鎌倉なんて地元の様なとこなんで
観光地だと思っていなかったのですが今回あらためて巡ってみるとやはり観光地なんですね...




DSCN3606

















散在ヶ池...中学か高校生の頃BSのユーラシアランドナー(改)で来て以来
約30年ぶりかな、、、懐かしい、

遠くより いつでも来ようと思えば来れそうなとこって意外と長い間行かなかったりするもんです。





DSCN3612


 























鎌倉ポタは小径をゆっくり走る事が多いのでランドナーや小径車なんかが良いと思います。




ルートラボ(アプローチは省略)

http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=edc4eb342e83c53a6fb6fbc4113d789b

 






石臼挽き 手打ち蕎麦 「丘の上の蕎麦」

(残念ながら2月中旬で閉店)電話等でご確認ください。

TEL:0467-39-1474
11:30−14:30
休:火曜日、第三水曜日(祝日の場合営業、翌日休業)他下記お店のブログ参照
神奈川県鎌倉市七里ガ浜東3-1-14(遊歩道側)

お店のBlog :http://okano-ueno-soba.asablo.jp/blog/

 



==============================================

この記事へのコメント

4. Posted by aiz   2013年02月09日 10:30
びん 様>

おっ!良いですね!
連休なので鎌倉周辺は一寸人と車がかも
材木座のB蕎麦店も良いですよ

ブログのレポ楽しみにしています。
3. Posted by びん   2013年02月08日 23:03
 明日、お蕎麦屋さんへ行ってきます。(^_^)/
2. Posted by aiz   2013年01月25日 10:02
yukimaru 様>

yukimaruさんの方からですと、
円海山あたりから六国峠(天園)に抜けて
鎌倉入りすると楽しそうですね、
(ハイカーさんが多い時期は遠慮した方が無難?)

鎌倉も名刹や人が集まる名所を避けて
道や地形に拘ってポタコースを考えると
意外と自転車でも楽しめるものだと思いました。
1. Posted by yukimaru   2013年01月24日 12:30
こんにちは(^_^)v

前回は
案内図付きで教えて頂いたのに
未だ行けていない
綱島のお蕎麦屋さんでした・・・(冷汗)

今回は
何度も行っている
鎌倉ですが
小生の知らない鎌倉を
ご紹介頂き楽しく読ませて頂ました。

ちょいと
スケジュール的に
2月中旬までと言うのは無理ですが
少し
暖かくなったら
ポタしてこようと思います(^_^)v

コメントする

名前
URL
 
  絵文字