2012年11月23日

登戸富士塚/久地「手打蕎麦 とみくら」

2012年10月30日

登戸富士塚/久地「手打蕎麦 とみくら」

最近ご無沙汰だったが自分のポタリングテーマ?にお蕎麦屋巡り以外にも
富士塚巡りがある。

たまたま美術家で富士塚研究家でもある有坂蓉子さん著「富士塚ゆる散歩」を
近所の書店で見つけ、近場でまだ訪ねていない富士塚もあることが分かり
今回は富士塚&蕎麦ポタ

 DSCN3144





















二ケ領用水




R246を溝の口で離脱し二ケ領用水沿いに久地に向う





DSCN3127


















二ケ領用水溝の口付近、70〜80年代はドブの様だったのですが
現在は透明な水が流れ魚の姿も見えます。





=================================================




これは二ケ領用水円筒分水、水利権の不公平による地域の争いを無くす為に造られたもの


川の流れの方向や高低差による各地域へ平等に分水出来る様、
一旦川を地下に潜らせ地下から円筒の升から放射状に吹き出させ分配させます。
(詳しくは下の説明板画像参照)


DSCN3128



DSCN3131









ここから登戸方面にしばらく走るとお蕎麦屋さんがあります。












DSCN3133















「とみくら」と言えば北信州飯山地方「富倉」長野と新潟頸城(上越)地方との県境にある集落






幻の蕎麦として近年取り上げられた雄山火口(オヤマボクチ)の葉の繊維を
繋ぎに使った郷土蕎麦



それが神奈川県川崎市の郊外で食べられる 



外観は昭和チックな食堂風だが、、、



DSCN3134





お蕎麦はしっかりとした手打ちの富倉蕎麦




雄山火口をつなぎに使うと腰の強い蕎麦になりますが、
布海苔を入れた様な冷麺みたいな弾力ではなく
自然な蕎麦の腰になります。

ちなみに雄山火口の葉の繊維だけを取り出してつなぎにするのは
大変な手間がかかるそうです。

こちらでは 雄山火口の葉は飯山から送ってもらっているそうです。

DSCN3137



























DSCN3139






一見ちょっと怪しい外観(失礼 m(_ _)m  )でしたが美味しい富倉蕎麦を頂けました。

お蕎麦を食べてまた信州の富倉に行きたくなりました。
 


お店の裏は多摩川梨の畑、現在は少なくなりましたが一昔前は
秋になると梨農家の露天が街道沿いに沢山並んでいました。 



DSCN3143















程なく走ると登戸、今回の富士塚は何処




路地裏を5分程彷徨い無事発見「登戸富士塚」


「浅間社」とかかれていることから富士山信仰に基づき富士山を神格化した
浅間神社の分社であることが分かります。



DSCN3147















しかし、、、



この富士塚、、、



あまり格好良くない、富士山らしいコニーデ型ではなく


DSCN3149

平たい、、、


パンケーキみたい



碑などからやはりこれは明らかに富士塚

DSCN3150













DSCN3152








帰りは生田緑地の中を通る



DSCN3156














DSCN3154



公園内に古い普通列車の客車が置かれていました。
自分が中学にあがるころまで常磐線を走っていて乗った記憶があります。



決して快適ではないでしょうが、こんな普通客車で輪行して気ままな旅をしてみたい 、、、


DSCN3155















DSCN3159















生田緑地内の七草峠への石畳道は自転車走行禁止になっていました。






DSCN3157




仕方無く?押して七草峠へ





DSCN3158
























DSCN3160_001


























生田緑地入口付近から多摩川方向を望む、
山が多いですね、川崎=工場をイメージする他地域の皆さん
川崎も郊外はこんな感じです。




北信州 手打ちそば とみくら


神奈川県川崎市多摩区堰3-16-11 

TEL:044-813-0562
11:00ー20:00

休:木曜



==========================================








この記事へのコメント

4. Posted by aiz   2012年11月24日 21:00
tmohik 様>

そうなんですよー(^^;
やっぱり良い形の富士さんに出会うと一寸嬉しい、
近日キュートな富士さんもUPします。
お楽しみに!
3. Posted by tmohik   2012年11月24日 12:25
ちょいとキュートさ(?)に欠ける富士さんですね;こんなのもあるんだ…。
2. Posted by aiz   2012年11月23日 16:45
mustache 様 >

同じ自転車でもロードでサ〜っと通り抜けてしまうと
気が付かないところもランドナーや小径車で
あえて裏道小径を探索すると近場でも意外な発見があったりします。
地味ですがこれが結構癒されます。(^^)

乗る自転車によって同じ場所でも見えてくるものや感じ方が違うと思っています。
1. Posted by mustache   2012年11月23日 08:59
起伏の激しい登戸周辺も改めて見ると心休まるところが多いのですね。
つい通り過ぎてしまう処を再発見させて頂きました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字