久々に港北NTの緑道/石碾そば「庄栄」鶴見川の堤防にて/鶴見「そば處 鴨南ばん」

2012年06月02日

宇宙一?の穴子天せいろ/代田橋「まるやま」

2012年5月20日
宇宙一の穴子天せいろ/代田橋「まるやま」

久々に蕎麦ポタ道の大先輩Holy氏とOFFが重なった

もうすぐ昼時、急いでHoly氏に連絡「二人でアレを食べましょう!」


_52

神田川から程近い「アレ」がある代田橋のお蕎麦屋さんへ向う



杉並区は都市河川の環境整備が実に良い

高度成長期ドブ川と化した河川に、正に「臭いものに蓋」的に
多くの都市河川が暗渠化された。


しかし杉並区を流れる神田川、善福寺川等は治水上切り立った側壁はあるものの
河床に工夫をし微生物による自然浄化をさせ周辺住民にも親しまれる川になっている




_11












殺伐としたコースになりがちな都内のお蕎麦屋に向うポタリングにも
憩える走りを提供してくれる。





そして代田橋(杉並区和泉)

おっ、Holy氏はもう到着されている。

お蕎麦屋で酔ってしまっても簡単に輪行で帰れるDAHON SPEED PRO
流石蕎麦ポタ道を極めているHoly先輩!



_50






_8











お店の横には御主人のセカンドバイク、TNIのシクロクロスが、、、




===================================================


さてアレとは?

そうお店の看板にもある「あなご天」


Holy氏、自分ともに此処のあなご天は大好物なんですが、
大きくふっくらしていてボリュームがあるので
これを一人で頂くと他の魅力的なメニューが頂けなくなってしまうのです。
よって二人でシェアすれば他のものも楽しめるという算段(^^)



_7





季節の手書きメニューを見ると「ふきのとうの天麩羅」

アウトドアも食事も季節を感じさせるものって大好きです。


もちろんお願いしました。



ほら、やっぱり魅力的なものがあなご天以外にもありました。w




_47



この苦みがまた良いんですよね、、、







そして”まるやま名物?宇宙一のあなご天”!!

もちろんドコゾの安っぽい観光名物のようにお店側がそう言ってるわけではなく
自分がそう思っているだけです。

日本以外にあなご天があるかどうかも知らないし、
もちろん地球以外にあるかなんて知る訳もない
(意外と宇宙ステーションにあったり、、、しないかw
あったとしても”まるやま”のほうがきっと美味いに違いないw)

要はそのぐらい美味いぞという表現!
(賛同してくれる方も沢山確認済であります。)

 


3_26まるやま他 10


表面カリっと中は厚肉の穴子がふわふわホクホクっと、、、あぁ至福〜






あなご天に話が偏ってしまいましたが、ここのお蕎麦もまた凄い



_49


まずは香り、丸抜きから打たれた蕎麦からは純粋な蕎麦のかぐわしさが、、、


もう香りだけでも50%ぐらい味わった気にさせられる





食べてしまうと一瞬喉を通るとき鼻腔に香りが抜け凄く幸せな気分になるが、
その後は、なんの感覚も味わえない胃袋に 落ちてしまうだけなんだなー
「あぁ、この蕎麦を食べるってなんて刹那的なんだろう、、、 」
なんて考えさえてしまう程のお蕎麦です。
 

もちろん香りだけじゃありません。
下の画像を見て下さい。
星が数えられそうなぐらい粗挽きながら端正に切られた姿
 
_9


「粗挽きはザラっとした食感が災いしてするっと喉に落ちなくてイケナイ」
なんて言う向きもあるんですが、そんな向きにはここの粗挽きを食べてみろといいたい。


舌では粗挽きの野趣ある食感と味わいが楽しめ、
喉では微粉で打った蕎麦同様引っ掛かることなく喉にすっと落ちていく 


やはりここの”あなご天せいろ”は宇宙一!!







_57












帰りは神田川沿いー荒玉水道道路ー野川CRー多摩川CR(タマサイ)ー中原街道で帰宅







_53

多摩川CR 二子橋〜丸子橋間




等々力緑地(川崎)
_54















自家製粉 石臼挽 

「手打蕎麦 まるやま」


杉並区和泉1-2-3  

TEL:03-3321-1478

11:30-15:00 

17:45-21:00   

:木曜、水曜夜休み 

売切れ仕舞いあり

禁煙 



UP予定

信州北安曇ポタ/つばくろ
信州小熊黒沢林道/わっぱら屋.....

======================================================


 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
久々に港北NTの緑道/石碾そば「庄栄」鶴見川の堤防にて/鶴見「そば處 鴨南ばん」