2009年08月04日

Holksツーリング試走/国産蕎麦粉十割乾麺

2009年7月31日
Holksツーリング試走/国産蕎麦粉十割乾麺

組み上がってから一週間以上たって
やっと試乗にすることが出来ました。
07f9d622.jpg
近所の緑道の地道を少し走ってみました。

肉薄のCr-Moフレーム(チャンピオンNo1)がしなやかに振動を吸収してくれます。

72度のヘッドアングルにオフセットを十分に取った、やや先曲げのフォークのおかげか
地道を走っている時の直進性はランドナーの様です。

5f0b0253.jpg
99bb8eb0.jpg

細く綺麗なラグのエッジは東叡ビルドならではのもの、本当に綺麗です。






=========================================

8c5976f6.jpg

ペダルはペダリングの安定感を考えると断然ロードタイプのビンディングが良いのですが、
マシンの性格を考慮してSPDを選択、

SPDはシューズとの接地感が乏しく、足がふわついた感じが気になっていたのですが
このシマノのA520とアディダスサイクロン(残念ながら生産中止)はクリートとともに
ペダルのプレートとソール部がうまく接触するので、ロードタイプほどでは無いものの、なかなか良い感触

アンチシマノ派(特にデザインが、、、)なんですがこの製品はデザイン、機能、価格ともに気にいりました。
6e241c9b.jpg

WL台座を利用するタイプのアジャスター付きのアウター受けはワイヤ―テンションの微妙な
差でシフト性能に影響がでる10速シフトには便利なもの

ディレーラー本体にもアジャスターはありますが、走っている時、一寸異音がするななんて思ったとき
乗ったまま良い状態を探れるので有効です。

ブレーキ本体はエイビット ショーティー6 カンチブレーキ、細めのタイヤにはVブレーキより
コントロールしやすし制動性も十分、ただしフロントは鳴きが凄い!でも自動車のドライバーに
警告を発する時は便利w(でも本当!)ベルじゃ聞こえませんから!
でも普段は一寸恥ずかしいぐらい凄い音です。シューの角度をどう調整しても静かになりません。
6bcc63f2.jpg




=========================================


b97f1b0d.jpg

試走の帰り道、地元山田富士公園で盆踊りの準備をしていました。
子供の頃は、親公認で夜遊びが出来る日としてわくわくしたものでした。
もちろん盆踊り自体には全く興味は無く、夜店が楽しみでしたが(皆そうでしょ?)


89b7228a.jpg

買い物に行くとこんなものが、、、

「かじの」の十割乾麺はよく見かけますが、これはパッケージが紺色で値段も500円弱と高価
どこが違うのかと?よく見ると、こちらは国産の蕎麦粉で作ったもだそうです。
日本で売られている乾麺の材料は95%以上は輸入品なのでこれは珍しい。

もう少し出せばお蕎麦屋で「もり」が食べられそうな値段だが、本当に違いがあるか知りたくて
買ってしまいました。


本は「そばもん」、さすらいの出張蕎麦打ちの主人公を描いた日本初?の蕎麦蘊蓄漫画、
監修は元有楽町.更科四代目の藤村和夫氏
蕎麦好きでなくても分かりやすく面白く仕上がっていますが、
蕎麦の話だけでメジャーな(小学館発行)商業漫画として成り立つ程蕎麦がブームになったのか?
なんて思うと変な店や変な客が増えないかなんて心配もしてしまいます。
やたらとブームになり底辺が広がり過ぎると弊害も広がる傾向にありますから。


4fa6f519.jpg
5cb40438.jpg

夕飯は昼蕎麦屋に行けなかったので、上の国産十割乾麺を使って、天ちらしのぶっかけを作ることにしました。

下の写真は最近買った日本酒で気に入った神奈川の地酒「泉橋酒造」の「夏ヤゴH20BY」
神奈川(海老名市)でも美味しい酒米栽培が出来る筈と山田錦を初めとする酒米の研究栽培、醸造を続ける酒蔵です。
日本酒の醸造には厳しい低温な気候が不可欠ですが、温暖な地元神奈川でもこんなに美味い酒が出来るのかと感心させられます。
お薦めです!!





そうそう、、、

国産蕎麦粉十割乾麺、明らかに安い乾麺と風味が違いました!
乾麺としては美味しいです。


ただし500円近い価値があるかどうかは食べる人次第です、、、









=====================================================

この記事へのコメント

8. Posted by aiz   2009年08月06日 21:34
ワニガメ 様>
どうもご無沙汰しております。
キャンプの記事など拝見して羨ましく、また懐かしく思っております。
(学生時代以降やってないもんで、、、)
>>カンパのトリプルクランクとリヤメカを入手したところで.......
いやホント偶然ですね!!
こんな自転車を作ったらランドナーに乗らなくなってしまうのでは、、、
なんて思ったのですが、先日あらためて650Bのランドナーに乗ってみたら
Holksツーリングとは全く違う優しい乗り味で、同じツーリング車でも
住み分けできるなと確認しました。
7. Posted by aiz   2009年08月06日 21:22
ぬうぼマン 様>
十割乾麺は「かじの」がパイオニアなんですが、
最近は結構他のメーカーからも出て来ましたね、
乾麺は下手な生麺よりも競争が激しいのでレベルが高くなっています。
「乾麺なんて、、、」なんていうのは過去の話ですね。
食べ方次第では結構いけます。(^^)
「いずみ橋」美味しいですよ!是非飲んでみて下さい。
6. Posted by ワニガメ   2009年08月06日 18:28
こんにちは
最近、ロードを1台をトリプル化&ランドナーバーで、軽快ツーリング車的に組替えようと思っていたところに、このHOLKSを拝見させていただきました。
ちょうど、カンパのトリプルクランクとリヤメカを入手したところで、なんともビックリしております。
フレームはロードを使う事になるので、走りはロード的になってしまうのかもしれませんが、なるべく楽チン仕様にしたいと思っています。
HOLKSは東叡だったのですか。
確かにラグエッジなどがとてもキレイに出てますね。美しいです。
5. Posted by ぬうぼマン   2009年08月05日 23:38
「十割乾麺」はこのメーカー以外のものを時々買いますが、国産そば粉かどうかまでは、気が付きませんでした。
乾麺といえども、蕎麦湯がとれるのでレヴェルは高いと思います。
この日本酒、良さそうですね{笑顔}こんど探しに行こうと思います。(ウチは普段は埼玉県小川町の「青雲酒造」の原酒を愛飲しています。)
4. Posted by aiz   2009年08月05日 22:36
Huret2100 様>
ロードレーサーは見慣れてきましたが、
ツーリングモデルはどうしても黒いサイドウォ―ルのタイヤだと違和感があります。
ハンドルバーとエルゴレバーが黒なので、バーテープは茶色にしたかったんですが、
イメージする茶色が無くて仕方無く黒色を巻いてます。
連日の蒸し暑さでホント秋が待ち遠しいです。
ただ秋になると日が短いのがイヤなんですが、、、(^^;
3. Posted by Huret2100   2009年08月05日 19:54
やはりタイヤのサイドウォールはそういう効果をねらってのことでしたか。
いい色合いですね。走ったときの感触が伝わってきそうな川べりの道といい、
このマシンといい、なんとなく秋の気配を感じます。
この秋のツーリングが楽しみですね。
2. Posted by aiz   2009年08月05日 18:12
is 様>
有り難うございます。(^^)
飽きにくく、どんなシーンでも似合う様モノトーンにしてみました。
アクセントに茶色(革サドルとタイヤのサイドウォール)を配して
ネオクラシックなツーリング車の雰囲気を出しているつもりです。
1. Posted by is   2009年08月05日 16:09
素晴らしい!
すっきりした配色の車ですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字