2007年12月28日

多摩丘陵に残る里山ポタ

2007年12月27日
多摩丘陵に残る里山をまったりポタリング?

友人達と今年の走り納めとしてゆったりと走ろうという企画、
急遽友人にコースプランを依頼され、趣旨に反しないコースをと、
地図と格闘?

この季節、陽も短いし、何かと皆さん忙しい時期、
気軽に走れる近場ながら、一寸遠くに来た様な癒される風景があって、翌日疲れを残さない、
そんなキーワードでコースを考え、比較的参加者の自宅から近い多摩丘陵地帯に残された
里山を繋いで走るというお手軽なコースに決定。
7539d717.jpg
寺家ふるさと村の谷戸風景、何時来てもどこかほっとする場所です。

寺家ふるさと村(横浜市青葉区)で町田方面からのメンバーと合流、
すぐに自転車談義が始まってしまい(自分も参加してるが、、、)
スタートする体勢にならないのですが、タイミングを見計らって
ブリーフィングを開始、本日の趣旨やコース注意点等を簡単に説明し出発
7a9ec448.jpg
趣旨通り?寺家の農道をお喋りしながら、ゆったりと流す。
85c04ef2.jpg
ゆったり過ぎても身体が温まらないので、
プチ峠風?切通しを抜けて鶴見川の上流方面に向かいます。
ほんの数百mの距離ですが雰囲気があり、気に入っている場所です。
(後のほうで誰かトラブって脚をついていますが(笑)誰か?はリンク先のブログで分かります。(^^:、、、)


=======================================

b9b4d120.jpg
黒川の谷戸を抜け多摩丘陵の尾根へと標高を稼いでいきます。

寺家周辺から、ここら辺まで津久井道、鎌倉街道、綾部原トンネル経由で来ればあっという間ですが、それでは里山ポタとして面白くないので、1/25.000の地図でないと確認出来ないような古道、小径を繋いで尾根に登って行きます。

このエリア(小野路周辺)を初めて走ったのは15年以上前、当時はこういった小径が沢山ありましたが現在は開発が進み旧道を繋ぐのが難しくなってきました。
一寸良い雰囲気の小径があっても数分走るとすぐに終わってしまいます。
なるべく懐かしい里山の風景の中を繋いだつもりなのですが参加された皆さん、
楽しんでいただけたでしょうか?
64a95557.jpg

ee61c196.jpg
南大沢付近まではなんとか裏道をつなぎましたが、ついに多摩ニュータウンの尾根幹道(広いバイパスの様な道)に出てしまったので、多摩境の手前から尾根緑道(戦車道路)に入ります。
dd97f03f.jpg
この道、昔は陸軍の戦車の試走用の道だったので戦車道路と呼び、現在は市民の憩いの場として緑道整備されています。
97f149b2.jpg
なにせ戦車の試走用だっただけに緑道としては異例に道幅が広く開放感があります。
また尾根を通っているので眺めも最高、これだけの道を車道に転用しなかった英断は素晴らしいと思います。
7d4cd062.jpg
尾根緑道の東端終点から鶴見川源流の泉に向かいます。
c43ede43.jpg
公式?にはこの泉が源流ということになっていますが、実際にはさらに奥の多摩丘陵の小さい沢が源流と思われます。

いつもここに来ると、こんなに綺麗なのになんで、あっという間にあんなに汚れた流れになってしまうのだろうって思いますね、生活雑排水があまり流入しなく現在は、昔程の汚れではなくなりましたが、まだまだ汚染度ワースト上位に入る鶴見川、我々の努力次第ではもっと綺麗になるのでは?

この後、忠生(町田市)にある友人お薦めのうどん屋にて遅めの昼食をとる、最近は蕎麦屋ばかりなので、うどん屋に入ったのって何年ぶりだろう?(笑)
スタンド風?24時間営業のチェーン店でしたが、シコシコしていたし、かき揚げはパラっと揚っていたし、意外と(失礼!)美味かったのです。(写真撮り忘れた!)

メンバーの帰宅方向が分散しているので昼食後ここで解散、
参加された友人達のブログを見ると、なんだか「騙された」とか「どこがまったりだ!」とか、、、いろいろ書かれていますが何故でしょう?
写真の様に、多摩丘陵の長閑な里をまったりのんびり走ったのですが(笑)、、、


参加したメンバーは石田さん、カトさん、はまださん、jinさん、keiさん、shimahonさん,
Red Rabbitさん、私の8名。

一緒に走った友人のブログもご覧下さい。

jinさんの
☆仁屋☆slow ride
http://jintaro.exblog.jp/


Red Rabbitさんの
それでも車輪は回っている
http://redrabbit1334.blog78.fc2.com/


はまださんの
ユーラシアと。
http://eurasiapota.livedoor.biz/




=======================================

この記事へのコメント

8. Posted by aiz   2007年12月30日 10:29
>mimi 様
何やら、楽しかったとか、騙されたとか(笑)
いろいろ言われておりますが、、、
どうにか、年納めポタは無事に終わりました。
 >>来年こそは私も一緒に走れると...........
ゆる?いマタ?リぽたりんぐの走りを是非ご一緒に!{笑い}
では、良いお年を!!
7. Posted by aiz   2007年12月30日 10:13
>Red Rabbit 様
拙コースプランにお付き合いいただき有り難うございます。
 >>一体感ですかー.....
きっと重い(体重)ので自転車と密着していたのでしょう(笑)
こちらこそ、また御一緒願います。
6. Posted by aiz   2007年12月30日 07:24
>jin 様
どうも!お疲れ様でした。
 >>誰よりも走っている所の写真が多いです.............
僕がコンパクトデジカメを選ぶ時の基準は、
走りながら片手で撮りやすいことと、蕎麦屋内の自然光で蕎麦の粒やエッジがちゃんと写るかなんです。(笑)
>>坂登るたびに信州走る時はこんな感じなのかな?............
信州の坂はも?っと長くてキツいけど気持ち良いですよ(^^)
5. Posted by mimi   2007年12月29日 23:12
楽しかったようで何よりです{音符}
来年こそは私も一緒に走れると信じてますから
よろしくお願いします。
おそば屋さんも楽しみ。
素人なんでいろいろ相談に乗ってくださいまし。
良いお年をお迎えください。{山}
4. Posted by Red Rabbit   2007年12月29日 22:55
お疲れさまでした。&ありがとうございました。
後から乗り方を拝見していましたが、自転車とaizさんの
「一体感」が何とも言えずいい感じでした。
家も近くですので、またご一緒させてください。
3. Posted by jin   2007年12月29日 21:27
は?い!スタート付近でトラブッタ張本人です(笑)
流石aizさん
誰よりも走っている所の写真が多いです(笑)
ありがたくDLさせていただきます
急にで申し訳なかったんですが
やっぱりaizさんにコースプランニングお願いして良かったです
里山をつなぐルートは最高でした
坂登るたびに信州走る時はこんな感じなのかな?
なんて思いつつ
なまった身体にも刺激を受けられました
今年はグランヴェロに関してもお世話になりました
来年もグループラン、蕎麦ポタでよろしくお願いします
2. Posted by aiz   2007年12月29日 21:12
>hiroto 様
だから?、なんも騙してませんってば(^^;、、、(笑)
そうですね、なんかちょくちょくお会いしましたが、
まだ一緒に走ってないんですよね、、、
本当にドン亀走りなので、どうかお手柔らかに!!
引き回されるのは絶対私です。
1. Posted by hiroto   2007年12月29日 18:48
お疲れさまでした。
さすがaizさん、絶妙のコースプランだったようで、
みなさん「美しい景色に」騙されたんだと思います(笑)
今年はお見送りや飲み会で何度かご一緒させていただき
ありがとうございました。
残念ながらサイクリングでご一緒する事はできませんでしたが
来年こそはぜひ、ご一緒できます事を。
ぜひ、引き回してくださいませ。(笑)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字