生暖会Vol.3お見送り/糀谷『粋場 ひさ奈』甲府.馬刺割烹『くまもと』

2007年12月08日

山梨.サントリー登美の丘ワイナリー

2007年12月1?2日 山梨小旅行
山梨.サントリー登美の丘ワイナリー

妻の両親、家族で小旅行一日目の目的は山梨県甲斐市にあるサントリー登美の丘ワイナリー
この日はワイナリーで昼から試飲をするので自転車に乗ることはできないが、2日目はちょっと離脱して蕎麦屋巡りをしてみようと、しっかり小径車(プジョーコリブリ16)を持ってきました。義父義母は、そんな婿の行動にも慣れっこか(あきらめている?)輪行袋を持って家族旅行に現れた自分に全く驚いたりしません。
普通だったら「あら?aizさん、その大きな荷物はなに?!!」ってところでしょうが(^^;、、、
ワイナリーに自転車を担いで行っても仕方無いので、駅の自転車置き場にコリブリを置いて、タクシーで登美の丘ワイナリーへ(このタクシーの運転が本当に酷かった、、、)
ba86d759.jpg
サントリー登美の丘ワイナリー
9f421882.jpg


=================================

ここに来て初めて知ったのですが、サントリーの歴史はワインから始まったそうです。僕はずっとウイスキー屋さんだと思っていました。

パンフによると、サントリー(旧寿屋)の創業者、鳥井信治郎氏が赤玉ポートワインを発売し、その後日本のワイン葡萄の父と呼ばれるかの川上善兵衛氏とここ登美の丘にあった葡萄園の経営を継承したそうです。

此処での予定はワインセラー、工場見学、その後1時間のテイスティングセミナー受講、
受付を済ませ時間までワインショップで買い物&試飲、無料で3種類のワインが試飲できますが(もちろん飲みましたが、、、)飲んでみたいモノはやはり有料、貧乏臭く?普段買えないようなクラスのものを試飲(美味?い!)
bad0e27a.jpg
ワインセラー、工場見学を終えテイスティングセミナーへ、まずは銘柄当てのトレーニング?銘柄の特徴を説明され、自分の前に置かれたワインがどの銘柄か当てます。これは全て正解できましたが白と赤2種ずつなので2つに1つなのですが、、、下の写真の茶色いビンにはいろいいろなモノの香り(臭い?)を染込ませたコットンが入ってます。ワインの香りを表現する為のトレーニングにソムリエが使うもので、食べ物の香りだけでなく、花香、樽香、熟成香等がありカビや松やにの臭いだったりもします。これも結構正解することが出来たのですがトリュフの臭いは分かりませんでした。(庶民なんで食べたことないんだよっ!)
その他内容は割愛しますが、へぇ?ほう?!の連続で楽しくあっという間に1時間のコースが終了しました。

あと意外な感想かもしれませんが、ワインと蕎麦って似てるなって思いました。収穫された時期や熟成の度合いによる香りや味の違い、組み合わせる肴や酒による味の変化や楽しみ方etc、、、単一植物で作られるシンプルかつ奥深く繊細なもの、そして誤魔化しがきかないところも一緒です。
bd82d5ef.jpg
1本5万円以上する貴腐ワインの試飲も出来ました。1杯2.100円ですが、絶対5万のワインは買えないので試飲!!(家族でシェア(^^;、、、)濃厚な甘さのデザートワインです。
5ebbe7ab.jpg
登美の丘から望む富士山と甲府盆地
74efab66.jpg
ワインショップ、此処でしか買えない銘柄も(←これに弱い(笑))
64d9c67f.jpg
ここから最寄り駅(中央線塩崎駅)まではタクシーしか手段がないのですが、電話して迎車してきたタクシーの運転手が朝乗った下手くそな奴、あ?コイツだけは来てほしくなかったんだが、、、仕方無く乗るがやはり酷い運転、それどころか運転手は「朝あんたたち送った帰り電柱にぶつかりそうになってさー!気が付いたら電柱が目の前でさー!こ?んな風に曲がったら、、、」と話し始めた、こいつ下手なだけじゃなくて大馬鹿だ、、、駅まで1?2Kmぐらいのところだったし、もうブチ切れて『車止めろ!!』と言いたかったのですが御義母さんも同乗していたので押さえていました。いやー最低の運転手でした。
0b0e89e3.jpg
甲府市内の温泉付きホテルに移動、駅から15分輪行袋を担いでホテルまで歩いたので、小さくて軽いコリブリとはいえ肩こり気味(泣)
夕食は馬刺割烹へ!(馬刺割烹の記事は次回予定)


サントリー登美の丘ワイナリー

〒400-0103 山梨県甲斐市大垈2786
電話番号:0551-28-7311
交通のご案内【電車の場合】 JR中央線「甲府駅」、「韮崎駅」よりタクシーで約25分
JR中央線「竜王駅」、「塩崎駅」よりタクシーで約15分


                         明日は乗る予定、、、
6d8fbcf3.jpg


この記事へのコメント

6. Posted by aiz   2007年12月10日 21:48
>いしだ 様
2日目は雪印ベルフォーレワイナリー(現シャトレーゼワイナリー)は家族が2日目に行きました。
無濾過の樽出ワインが激うまだそうです。(自分だけは蕎麦屋に行っていた。)
べろんべろんになるまでのんじゃったんですか?(^^;、、、
5. Posted by aiz   2007年12月10日 21:35
>おじ 様
社員旅行でワイナリー巡りとは、なかなか粋な幹事さんですね。(^^)
4. Posted by いしだ   2007年12月10日 14:20
以前甲府の雪印のワイナリーに行って、べろんべろんになったことがあります(笑)
ワイナリー、いいですよねえ。
3. Posted by おじ   2007年12月09日 23:00
山梨はワイナリーやウイスキー工場があって・・・
その昔、社員旅行でヘロヘロになった思い出がありますorz
2. Posted by aiz   2007年12月09日 20:07
>ソバツユ 様
 >>フレームが折れない筈・・・いや驚いた!...........
フォールデングフレームの自転車程小さくなりませんが、
前輪を外せば普通のロードレーサーの輪行状態の2/3程度の
大きさになりますし、フォールディングフレームより軽いですから。
 >>お義母様も同乗ということは駅まではお二人とも自転車で?..........
いえいえ、ワイナリー?駅の往復は全員タクシーですから、
ワイナリーでの行動で邪魔になるので駅に置いてきただけです。(^^)
1. Posted by ソバツユ   2007年12月09日 10:57
コリブリ担いでですか、
フレームが折れない筈・・・いや驚いた!
タクシー最悪でしたね、恐ろしいヤツですね!
お義母様も同乗ということは駅まではお二人とも自転車で?
サントリーの白洲は行きましたが、此処は未だです。
山梨の手打ちでは甲府の市内の「奥村本店」で食べたことがあります。
ず?と以前のことですが、蕎麦よりも「ほうとう」なのでしょうね。
良いお目当てがあるのでしょう、続きが楽しみです♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
生暖会Vol.3お見送り/糀谷『粋場 ひさ奈』甲府.馬刺割烹『くまもと』