2007年01月23日

三浦半島 大楠山 その2/手打蕎麦.和か菜

2006年1月18日
三浦半島 大楠山(葉山町)その2/手打蕎麦.和か菜

さて下山だが、前日は雨だったこともあり登山道側に降りず、登ってきた林道(車道)をピストンするつもりだった。
82405388.jpg
しかし登山道側はどんな感じかなと、一寸様子見に行ってみた、、、
10ebb077.jpg
葉山 手打そば 和か菜
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前日は雨だったが、東京湾両岸の半島部特有の砂礫層の為か道は良い感じに締まっていた。
「おっ!なかなか良い雰囲気!」途中樹木の茂ったところもあるはずなので、若干ぬかるみもあるだろうが行けそう、基本的に同じ所を戻るは好きではないのと、平日なのでハイカーさんが居ないので登山道を下ることに決定。
770a9534.jpg
やっぱりというか、下っていくと最初も写真の様な明るい林間ばかりではなく、森が深いところではかなりぬかるんだ所もあり、地面もローム層に変化しました。帰宅してからネットで三浦半島の地質を調べると大楠山周辺は砂礫層とロ?ム層がかなり入り込んでいる場所の様です。
階段状や沢の様にV字になっているところもあり乗車率は50%程、途中MTBのパーティーに会いましたが、その中のSIDのサスを装備したクラインに乗ったお兄さんが、ランドナーを担いでいる自分を見て「シ、シブイ フレームですねー」(褒め言葉?)なんて言っておりました。自分も「凄いですねSIDですか良いサス付けてますねー」なんて返し、軽いコミニケーションを楽しむ、キャノンデール(M900改)に乗ってくれば90%は乗車できたかなとも思いつつも、昔ながらのパスハンスタイルもこれはこれで楽しい。
83bd588a.jpg
昼飯はやはり蕎麦屋です。逗子に住んでいる友人から「良い感じの蕎麦屋があるよ」と聞いていたので行ってみる。
afe8a59d.jpg
結構交通量の多い街道から脇道にほんの数百m入っただけで長閑な農村風景になり見事な棚田が広がります。
お店はこの棚田の最下部にあり、店内からはこの長閑な風景を眺めながらお蕎麦を楽しむ事ができます。ちなみに棚田は店主奥様の実家の土地だそうです。
3b643e53.jpg
cef9de0a.jpg
dfb111b5.jpg
ご主人が修行したのが、蕎麦聖と呼ばれた「一茶庵」の最後ののれん分け、「鎌倉一茶庵」とのこと、頼んだのは二八で打ったせいろ(十割が食べたかったが土日限定のよう)の天盛り付き、(メタボリック対策に山登りしたのに天麩羅食べちゃダメじゃん!)やや柔らか目の細切りで香りはあまり無かったのですが、食べ易い上品系の蕎麦で、万人受けしやすい蕎麦かもしれません。個人的にはもう一寸個性の強い蕎麦の方が好みですが、それは土日のみの十割蕎麦に振っているのかもしれません。
c4b51bd8.jpg
                   長者ヶ崎

手打そば 和か菜

三浦郡葉山町上山口2644
TEL 046-878-6206
定休 水曜(祝日の場合翌日)
平日  11:30?17:00
土日祝 11:30?19:00

☆人気ブログランキング参加中☆

この記事へのコメント

4. Posted by aiz   2007年01月24日 22:24
>yuzito 様
 自分も湘南の山道を初めて走ったはランドナーでした。ロードマンクラスの重いハイテン車を改造したもので、たしか天園?朝比奈を走りました。(前にも似た様なコメントをしましたが)
ステムの件、だらだらと書いてしまい失礼しました。
投稿すべきか悩んだのですが、少しでも参考になればと思い書かせてもらいました。
3. Posted by yuzito   2007年01月24日 21:46
 昔ながらのパスハンスタイルも味わい深くていいですねー。考えてみれば、僕がはじめて“いつもの山道”を走ったのもランドナーででした。泥除けを石にガシガシあてながら先輩のMTBについていったんですが、今同じ道をMTBで走るとよくランドナーでこんなところを走れたもんだって思います(笑)
 今回のところはこの冬に僕も是非とも走ってみたいと思います。先日のコースと繋げて走るのも楽しいかなって思っています。
 それからステム破断については大変有益なコメントをありがとうございました。今回のことで素材や加工などに関してもう少し知識を得たいという気持ちが生まれました。結局のところ最終的には自分の身は自分で守らざる得ませんからね。
2. Posted by aiz   2007年01月24日 11:06
>taki 様
 自分も30年代に出版された、鳥山氏のサイクリング入門本を持っているのですが、その中に、駒沢公園に集合して世田谷街道や鶴川街道を走って多摩丘陵を走るコースが紹介されていました。なんと多摩川を渡るとダートだらけ、地図を見ると田園都市線(当時大井町線)も溝の口までしかありませんでした。
自分が良く知っているエリアの昔の状況を見るって結構楽しいです。(takiさんもご存知のエリアだと思います。)
1. Posted by taki   2007年01月24日 06:05
おはようございます。
ダート、いいですね。
この前、昭和30年代の自転車雑誌を見る機会があって、
もうほとんどランドナーしか考えられないダートで、
でも情緒があってよかったです。
今はダートを捜す方が難しいですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字