2006年04月25日

あんずの里へ.(その2 善光寺平の夜景)

 2006年4月18日
長野県千曲市(旧更埴市)あんずの里へ(その2)
4/18...別所温泉ー塩田平ー上田ー戸倉上山田温泉ー稲荷山温泉ー姨捨?稲荷山温泉
4/19...稲荷山温泉?屋代ーあんずの里(森地区.倉科地区)?松代?長野

上田城趾で桜を見た後、千曲川沿いに姨捨方面へ向かう。
国道18号の通る左岸側は交通量も多いが右岸側は多少荒れてはいるがサイクリングロードもあり田園風景の中を静かに走れる。
19eeb571.jpg
千曲川に架かる細長い橋、歩行者用ではなくれっきとした車道です。真中でかち合ったらジャンケンでもするのでしょうか?自動車で渡るにはちょっと勇気がいりそうです。(坂城付近)

↓善光寺平の夜景へ...

adc8e3fa.jpg
千曲川CR(県道)
d4eccbb0.jpg
昼食はもちろん?蕎麦です。上田の某人気店は満員で並んでいたので小諸の懐古園の近くにある老舗蕎麦屋「草笛」の上田支店に行ってみました。歴史を感じさせる小諸店とはちがいファミレスの様な大型店でした。(^^;、、、
食器も妙に効率重視の物、器が良ければ美味いってもんじゃないけどちょっとな?
香りはイマイチでしたが腰と麺の量は満足いくものでした。(海苔はいらないのですが、、、)
ef39e214.jpg
稲荷山温泉の宿に着き、温泉で汗を流した後、夕暮れ時をねらい棚田に映る名月「田毎の月」と善光寺平の夜景が美しい姨捨の駅周辺まで行く事にする。
宿から国道403号線で7Km程の距離だが(もちろん全て登り)登れども登れども姨捨駅に着かない、折角風呂に入ったのに汗だくだ(登り7Kmじゃ当然なんですが(^^;、、、)遠くから列車の音がして篠ノ井線が山のはるか高い所を走って行くのが見える「げっ!!」しかし引き返すのも悔しかったので必死に登る、そして姨捨駅近くまで登ると視界には善光寺平の美しい夜景が開けました。
1495ffc5.jpg

まだ田に水を張られていない時期だったので棚田に映る月や夜空は見られませんでしたが、長野市街まで見渡せる美しい夜景は登りの苦労を忘れさせるものでした。
思えば、ひと風呂浴びた後の散歩気分で来たのでキツク感じたので、その気で登ればそんな大変な登りでもないかも知れません。

★次回は更埴「あんずの里」へ

人気ブログランキング参加中

この記事へのコメント

2. Posted by aiz   2006年04月26日 01:30
米田 様
初めまして、コメント有り難うございます。
実は米田様のブログ何度か拝見しております。たしかアルプスとか登戸でたどり着いたと思います。
信州のお蕎麦屋さんについてお詳しいのですね(^^)そうです上田の有名店はあの爆盛りのお店です。
稲荷山温泉に泊まったので「つる忠」に寄るつもりだったのですが運悪くお休みでした。(残念!!)
有名店でもがっかりすることもありますし、何気なくふいに入ったお店でも大当たりなんてこともありますね、当たりはずれも楽しみの一つなんて気持ちで臨んではいますが、(^^;、、、
ちなみにPCはMacであります。
1. Posted by 米田   2006年04月26日 00:46
 初めまして。
 自転車、蕎麦、信州なんていうキーワードでひっかかってきました。
 上田の有名店て「刀屋」ですか?
 稲荷山の「つる忠」も、建て替え前に食べましたが、そのときはびっくりしました。ふつーの蕎麦屋に見えたのですが、あなどれないと思いました。
 長野で過去最高だったのは須坂駅前のスーパーの地下の蕎麦屋です。なんの期待もなく入ったのですが、土曜の昼過ぎ、盛りを頼むと、これから打つから待っててといいます。店内には高校生の集団がメシ食ってました。
「ビールは1本だけ飲んでね。それ以上飲むと味わからなくなるから」とひまつぶしにまで指示が。こりゃー失敗したかなと、まー、ただの昼飯だからいいやと待ってました。
 で、出てきた「もり」を食って、「ん?」と連れとうなってしまいました。うまいのです。長野は何度も行ってましたが、このときの「蕎麦」は期待以上でした。
 翌日からの戸隠の「蕎麦祭り」のために行ったのですが、蕎麦祭りでの蕎麦のつまらなかったこと。須坂の方がうまいと思いました。
 それから3年後、須坂へ行くと、その店は無くなってました。店の名もわかりません(T_T)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字