2006年04月23日

あんずの里へ.(その1 別所温泉塩田平)

2006年4月18日
長野県千曲市(旧更埴市)あんずの里へ(その1)
4/18...別所温泉ー塩田平ー上田ー戸倉上山田温泉ー稲荷山温泉ー姨捨?稲荷山温泉
4/19...稲荷山温泉?屋代ーあんずの里(森地区.倉科地区)?松代?長野

今回の信州行きは以前から一度訪れてみたかったが、なかなか見頃の時期に都合が合わず行けずじまいだった「あんずの里.旧更埴市森.倉科地区」、里全体が杏の花でぼんやりと桃色に染まり桃源郷の様になるという。
あんずの里の存在を知ったのは25年以上前、中島みゆきの確かB面の曲で「あんず村から」という故郷を感じさせる静で心に響く詩があった、そしてその「あんず村」が実在する事も知り、いつかのんびりと訪ねてみたいと思っていた。
自動車なら何度か立ち寄る機会もあったが、それは自分が描いていた「あんずの里」を訪ねるイメージと異なっていたし感動も薄っぺらいものになってしまいそうだったので避けてきた。

今回は横浜から別所温泉まで輪行し塩田平を流し上田に出て千曲川を下り姨捨山とあんずの里がある更埴の間にある稲荷山温泉に宿を取り、余裕をもって「あんずの里」を訪ねてみることにした。
fe9094d0.jpg
信州.塩田平.上田交通別所線 八木沢駅にて

                           人気ブログランキング参加中

都会的な上田駅から走り始めるより風情があると思い、輪行ついでとローカル色の強い上田交通別所線に乗り換え別所温泉へ向かう、上田から2駅ぐらい進むと車窓は塩田平の長閑な田園風景となる。
d8c9e53f.jpg
写真は別所温泉駅に保存されている有名な丸窓のある電車(現在同タイプは廃車され、東急のお下がりのステンレスカーが走っている)
439b8adf.jpg
別所温泉は信州の鎌倉と言われる場所、鎌倉時代北条氏縁の寺が点在する。写真は安楽寺国宝八角三重の塔、四重の様だが一番下のものは裳階(もこし)といって屋根ではなくひさしの類とのこと...どうちがうんだ?)
c2830879.jpg
塩田平の田園風景(上)  上田城趾千本桜(下)
f0978a9d.jpg

シックな雰囲気にレストア&改造したレイダックが春の信濃路に似合っていませんか(^^)?

★次回は上田?稲荷山温泉?姨捨山から善光寺平の夜景です。

この記事へのコメント

6. Posted by aiz   2006年04月26日 21:43
is様
ほんと余分な事を考えずに鼻歌まじりでいつまでも走っていたい様な道でした。
この農道を山の方へ進むとT氏の住む青木村に出ます。
5. Posted by is   2006年04月26日 08:56
「塩田平の田園風景」
貸切道路のようですね。
爽快!
肖りたい。
4. Posted by aiz   2006年04月24日 23:16
DO様
杏の花は梅に似ています。花の付き方は種類によって様々です。
後日「あんずの里」の様子をUP予定です。
3. Posted by DO   2006年04月24日 21:00
良いですねえ。 家内がNHKで紹介してたって(杏のさと)言ってました。 桜のように見えますが、それは知らないからかな。
2. Posted by aiz   2006年04月24日 12:16
signB 様
( ^_^)/いやいや、イメチェンが思い通りにいったので調子にのって紹介してしまいましたが、こんなん誰でも作れますって{ウインク}いやホント!
1. Posted by signB   2006年04月24日 00:39
信州の美しい風景に負けないレイダックを作れるのはaizさんならではですね。
脱帽モノです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字