臨時休園?鶴見川から七国峠を超えて多摩川へ

2005年11月10日

川崎郊外で幻の蕎麦

2005.11.9 川崎郊外で幻の蕎麦?

川崎の郊外(川崎市多摩区堰3-16-11)に北信州、飯山富倉地区のみで食べられる「とみくらそば」を出すお蕎麦屋さんがあるとのこと、さっそくいつもの様にポタリングがてら出かけてみる。
13479570.jpg

写真は久地にある二ヶ領用水の円筒分水です。
二ヶ領用水の水による集落の争いが無い様、水を水量、流れに影響される事無く公平に分配するために作られました。
上流の水をサイフォン式に一度円筒の中心に吹き出させ、各集落に分配します。

つづきは下をクリック

二ヶ領用水円筒分水から5分程度で、「北信州手打ちそば.とみくら」に着きます。
29ca722a.jpg

外観は特にこだわりの蕎麦屋といった感じではありません。よくある町の食堂のようですが、、、
7064d6a5.jpg

美味い!力強い腰と歯ごたえで独特の食感がある麺です。恐らく富倉蕎麦を首都圏で食べられるお店はほとんど無いでしょう、貴重です。

富倉蕎麦.......北信州、飯山富倉地区(長野県と新潟県の県境付近)のみで食べられていた蕎麦                      で、つなぎに、ほんの少量のオヤマボクチというアザミ科のやまごぼうの葉の繊維を入れて打つ蕎麦で独特の強い腰があるのが特徴、この地区は日本有数の豪雪地帯で二毛作が不可能だった為、小麦粉等の栽培があまりできなかったので、山にあるオヤマボクチをつなぎに使っており、この地区の農家や家庭のみで食べられていましたが近年、美味しさが紹介され地元に数件の素朴な蕎麦処が出来、外部の者でも食べられる様になったという、珍しいお蕎麦です。

食後は二ヶ領用水を辿りながら帰路に着きました。
a0ff9798.jpg

二ヶ領用水、布田付近(川崎市多摩区布田)
62198a9a.jpg


この記事へのコメント

2. Posted by aiz   2005年11月11日 00:26
DO様
情報収集はネットと雑誌ぐらいです。あと口コミとカンで飛び込むことかな?
蕎麦記事を書くとき、蕎麦アレルギーの方は面白く無いだろうなーと、後ろ目たさもちょっとあるのですが、、、
蕎麦記事以外の記事をお楽しみくださいませ。m(_ _)m
1. Posted by DO   2005年11月10日 23:23
いつもながらまめに行ってますねえ。いったいどこでみつけてくるのでしょうか。私は残念ながらアレルギーで食べられないのですが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
臨時休園?鶴見川から七国峠を超えて多摩川へ