2005年07月02日

デ.モンタ ランドナー(愛車紹介1)

梅雨であまり出かけられないので、自転車の紹介など、、、雨

最初におことわりしておきますが「デ.モンタ ランドナー」というタイトルから、T社やW社等の魔物(匠)系を期待された方、ごめんなさい、ウインク あくまでも完成車メーカーの古いデ.モンタをDIY でレストアしたものです。(いろいろ手を入れました。)
お宝パーツなど使わず普及品で組んでありますが、私なりに思い入れのある自転車なんです。
イメージは70年代ヤマハが輸入していたプジョーランドナーとやはり同じ頃のアルプスクイックエースの普及モデルを足して2で割った感じでしょうか、

ベースは70年代後半のナショナル「異色デ.モンタ」です。同社の「デ.モンタ」の上級版として発売されていました。
前オーナー(クラブの仲間)は数年前にBD-1に乗り換え「もう乗ってないから、、、」ということで譲っていただいた物なのですが、ベランダに放置状態だった為、錆々でかなり傷んでいました。Before→After的にお見せしたかったのですが、残念ながらこの時の状態をデジカメで撮っていません。
7dcc8878.jpg

普及レベルのパーツですが、70年代後半(自分は中学生)当時、高級パーツに憧れながらも自分の小遣いを溜めてなんとか買えるパーツはこんな感じでした。
親に買ってもらった完成車に付いていたシマノの横型パンタのディレーラーをわざわざ外し、性能面では劣るであろうチープなサンプレプレステージなどに変えて喜んでいました。そんな頃の思いでがよぎる自転車です。
*************************************************************
デ.モンタですがディレーラーレバーは通常通りダウンチューブでワイヤー分割式になっています。ただし生産中止から25年以上たっているのでジョイント金具は無く、自作しました。

9d9fe0b4.jpg
ヘッドまわりのラグですが、元々は普及メーカー車らしく、全く加工などしていない、まるで水道管の継ぎ手のような無骨なラグでしたが、レストア時にチューブを傷つけない様気をつけてラグのエッジ部だけ滑らかに削りました。
ハンドメイド並みにはなりませんが、かなり見栄えは良くなりました。

パールホワイトの塗装も外注せず自分でポリウレタン系のものを塗りました。





※カメラ(レンズ)の性能の関係でラグのディティールがうまく写りませんでした。落ち込み
  
d24fe53f.jpg
当時のメーカー車にしては珍しくセンタープルブレーキの台座が直付されています。しかし凸凹のロー付け跡だったので塗装前にエポキシ系のパテでフィレット風に仕上げました。

ブレーキ本体はワイマンバンカー750CP、実はこのブレーキがジャストフィットすることが、この自転車をレストアするきっかけの一つでもありました。f21619a1.jpg

ブレーキレバーはワイマンのクイック付、このパーツは私の師匠故山本秀男氏が横浜でショップを開いていた時代、まだ学生だった私に「aiz君このブレーキレバーのこと知っているかい?」と訪ねてきました。私は「あっ、これはルネ.エルスによく装着されているヤツですね!」と即答しました。氏は「おっ、良く知っているね、どうも私の店には此のレバーのことがわかる人が来そうもないから君にあげよう、知っている人に使われる方が良いしね」と言って、なんとその場で自分にプレゼントしてくれたのです。
私はレバーを頂いたということよりも、氏に何かを認められた様な気がして、それが嬉しかったと記憶しています。
当時からランドナーを所有していましたが、いつか頂いたパーツを使った別のランドナーを組もうと考えていましたが、残念なことに氏は数年前に他界してしまい、ワイマンのレバーは形見の様になってしまいました。

そんな訳でワイマンのセンタープルブレーキが良く合うこの自転車をレストアして、あのレバーを使おう!と思ったのです。

完成後このデ.モンタを持って、山本秀男夫人宅を訪ねました。私は「会長(山本秀男氏..クラブの会長)に見せたいものがあるんです。」と言うと夫人は「どうぞ家の中に入れて見せてやって」と快く御仏壇の前まで自転車ごと入れさせて下さり、約20年以上前に頂いた思いでのパーツでランドナーを作ったことを報告しました。
e7b83eb4.jpg
 
シビエのブロックダイナモ

デ.モンタフレームなので配線の煩わしさがないブロックタイプが良いと思って決めました。
有名なソービッツのピン球にしなかったのは、時代的にこちらの方が合っているし、一寸個性的かな?と思ってのこと。松葉型ブラケットは自作品、ステンレスのパイプを加工、上枝は元からあったダボに固定、下枝は航空機用のブラインドリベットで止め、まわりをフィレット加工しました。

フロントキャリアもシビエのブロックダイナモにあわせ一部自作しました。


と、まあこんな具合で高級車ではありませんが私にとって特別な思いのある一台なのです。笑顔 

       メールご意見ご感想等お気軽にどうぞ(コメント欄へ) 

2005年06月30日

ももくりさんのキャノンデール

2005年6月29日
★ももくりさんが愛車キャノンデールの調整に訪ねて来てくれました。笑顔
 (念のため、、、ウチは自転車屋さんではありません。(^^;、、、)

今回はクラシックなランドナーでは無くMTBです。(ランドナーファンの方ゴメンナサイ)
まあMTBの中ではかなりクラシックなモデルですが、ちょっと訳ありなんです。

1993?94年頃のキャノンデール.キラーM700改(通称くりちゃん号<ももくりさんの愛犬の名前>)
b899a580.jpg

昨年の春先、クラブの仲間のももくりさんからこんな相談を受けました。
犬愛犬を自転車に乗せて走りたい」
それだけなら大手メーカーから気が利いたシティーサイクルが発売されていますが、彼女は
「公園散歩ポタだけでなく、軽めのクラブラン、サイクリングにも使いたい」とのこと困った
ももくりさんの自転車はフラットハンドル化したロード、物理的に乗せることはクリックフィックス&リクセンカールのバスケット等(↓画像参照)を使えば可能だが、ロードとして設計されたフレーム故フォークオフセットも小さいしヘッドも立っている、そんなスケルトンの自転車に前にわん子など乗せたらふらついて危険だしリラックスして乗れない。
790d7490.jpg

そこでクロスバイク(シティ系ではなくスポーツよりの)かハードテイルのMTBが候補に挙がるのだが、ももくりさんは比較的小柄な女性なので26HE仕様のほうがポジションや積載スペースに自由度が増えるのでMTB系 に決定しました。
何故ひと昔前のMTBを選んだかというと、現在の各種競技、スポーツに特化したMTBよりフレームスケルトンが穏やかなツーリング指向に近いもので(数値は忘れたが、)スポーツコントロール性を重視した前者よりももくりさんの目的にあっていると思ったからです。
(※総てのMTBにおいて上記の様な傾向なわけではありません。)

そんな時タイミングよく条件が合うキャノンデールがオークションに出ており、これを無事落札することができました。
キャノンデールというとファットなアルミフレームが特徴でかなり固そうに見えますが、このモデルは6061-T6<T6は熱処理のパターン>という7000系より柔らか目のアルミ合金で作られていて、乗り味も見かけよりはソフトです。
(☆よくアルミ=固いという云われますがアルミでも合金の種類や熱処理のパターンで全く異なった性格になります。よってアルミというワクで一括りにはできません。)

ももくりさんとキャノンデール
(顔はファンレターの対処に困るので載せないでとか、、、困った、、、嘘?おいっ!)
4a9d2709.jpg

落札後、我が家にドック入りしポジション出しやバスケットの中でわんこが暴れても前輪にバックが接触したりしないようにフロントキャリアを加工してつけたりタイヤをセミスリックに変えたりして改造しました。(その他省略(^^;、、、)

ももくりさんから愛犬「くり」(トイプードル)を乗せている画像が届きました。犬
09ff8955.jpg
ac130d44.jpg

☆パーツの調達にはリンク先、MHKさんのお店escargotさんにも協力していただきました。

★わんこ好きの方は、ももくりさんのサイト、リンク「わんこの桃栗」へどうぞ。


2005年06月24日

深大寺蕎麦ポタリング

6月24日
梅雨のまっただ中だが良い天気、走らなければもったいないが今日は平日、子供が3時頃には学校から帰ってくるので、それまでには家に帰っていたい、でも港北NTの緑道はたて続けに行ってるし、、、そんな訳で今日のポタリングは深大寺(東京都調布市)に決定、我家は横浜ですが北部なので多摩方面は以外と近いのです。

深大寺と言えば「蕎麦」笑顔(また蕎麦かいっ!)ここには何軒もお蕎麦屋さんがありますが、出かける前に「門前そばのあらびき蕎麦が美味かった」という情報をネットで得ていたので迷わず入ってみる。
3d82c96f.jpg

と、言う訳でまた蕎麦です。出てきた蕎麦は名前の通り荒めの挽きぐるみの蕎麦、甘味があって腰がある力強い麺でとても美味しかったです。つゆは麺に負けないようにする為か、かなり濃いめでした。個人的にはもう少し薄めのほう蕎麦の味がわかりやすくてが好みですが、(あくまでもaizの主観)

785f9b85.jpg

深大寺山門にて、奈良時代(天平5年)満功上人によって創建された深大寺。
東京では浅草寺に次ぐ古い歴史を持つ由緒あるお寺です。
境内のいたるところに水路や池があり、水に囲まれた名刹です。
434e4a1f.jpg

     風情のある甘味処があります。緑が多く涼しげです。
079c4ea9.jpg

     井戸のような所にビールとラムネが置いてありました。これも涼しげ。
214b262d.jpg

コースは排気ガス喧噪を避け野川のCRを走りました。世田谷方面から最短距離で深大寺まで行け、静かで緑も多く都内を走っていることを忘れさせてくれます。ただ平面交差が多いので細いタイヤの自転車でファストランには向きません。

2005年06月20日

緑道.紫陽花

6月19日
会社の後輩とその彼女とINAさんが遊びに来たので、いつもの様に軽く緑道ポタリングに出掛けました。(港北NT緑道)

せきれいの道(仲町台周辺)にて紫陽花が咲いていました。(梅雨だなー)雨
まだ咲いていないモノが多く、見ごろはもう1週間先あたりでは、、、

INAさんのモールトンAM-GTと

50c178ce.jpg

満開になる頃また訪れてみたいと思います。

at 00:02|PermalinkComments(2)

2005年06月17日

野沢温泉周辺ポタリング

6月17日
梅雨の時期は雨で走れない時が多そうなので、ネタ不足になりそう。
そこで、このブログで紹介したことのない過去の写真を公開することにしました。

ウェブログっていう名前がプレッシャーなんだな、、、簡易ホームページだと思えばいいんですよね、、、笑い

と、いう訳で去年の9月に信州飯山地方野沢温泉ポタリングの時の写真をいくつか、、、

野沢温泉周辺.北竜湖...ひっそりと静かな湖です。
fe111748.jpg


野沢温泉から奥志賀林道方面へ登る。下に見えるのは野沢温泉の街
3be3b5c3.jpg


眼下に千曲川、棚田がきれいです。
986e874b.jpg


燈龍木峠(とうろぎとうげ)にて、後ろの棒状の物は峠の碑
f61b03dc.jpg


つづきは後日笑顔

2005年06月14日

SAABと自転車

6月12日
今回はサイトタイトルに反しドライヴの話し、(でも、ちょっと自転車関係あり、、、)

私aizは、サイクリングのクラブの他に自動車のクラブ(SAABのオーナーズクラブです。)にも入っており、今回はそこのクラブランならぬクラブツーリング(ドライヴ)の話しです。
今回のツーリングは信州八ヶ岳周辺ドライヴとスウェーデン料理のランチを食べる企画、
信州とスウェーデン大ファンのaizとしては参加しないわけにはいけません。(^^)

コースは中央道談合坂SA集合ー諏訪IC -茅野市芹ヶ沢-(昼食)スウェ?デン料理ガムラスタンー麦草峠ー松原湖?野辺山?清里といったプランで小生過去に同コースを逆に自転車で
走った事もあり、(もちろん高速区間は除く)ちょっと懐かしいコースでもあります。
ada2feac.jpg

スウェ?デン料理ガムラスタン

とても美味しかったです。笑い
会話に夢中だったので、料理の写真を撮るのを忘れてしまいました。

ランチはファミレス並のリーズナブルな価格でデザート、コーヒーまで付いて満足。

テラス、デッキでも食事が可能なのでワンコ連れでもOKです。犬



さてなにが自転車関係かと言うと、SAAB 好きには不思議な程に自転車好きが多いのです。あまりにも多いのでSAABのクラブ内に自転車分科会が発足してしまったぐらいです。
今回のツーリングは14台の参加でしたが、なんと6人ものロードorランドナーの所有者がいました。
ちなみにBMWのモーターサイクルに乗っている人はランドナ?タイプの自転車も所有していたり、昔乗ってたなんて人もよくいます。これはどちらもツーリング系の道具といった共通点があり、旅の嗜好が似ていたりするといった説明がつきます。
実際に私の好きな信州の峠や街道などではBMWの2輪に町中の何倍も出会います。
でもSAABはどうして???だれか教えて、、、
3a15878b.jpg

麦草峠ー八千穂間より佐久平を見下ろす。














SAAB.SAAB.SAAB..........町中でもあまり見かけない車なので、これだけ集まると壮観です。
178f6b27.jpg

下は別の時の写真ですが(今回自転車が入った写真が無かったので、、、)これはSAABのイベントの前に奥志賀林道、灯龍木峠にスポルティーフで登ってきた時のものです。
086b42cf.jpg

斑尾高原にて愛車SAAB9-5とTOEIスポルティーフ、どちらもツーリングには最高です。笑顔


2005年06月09日

ミシュラン ワールドツアー

6月9日
650AorBランドナーのタイヤ745b0d49.gif


クラシックタイプのランドナー乗りの悩みはなんといってもタイヤでは?
これから作る(買う)なら700Cなり26HEサイズでもいいが、?80年代
後半に製作(購入)したランドナーはほとんど650AorB(26×1-3/8
or1-1/2)このサイズのスポーツ車用タイヤは三ツ星ベルトが自転車用タイヤ
から撤退しまった今日、ナショナルが2サイズほど細々と生産しているのみで、
これもあまり見かけることがない。落ち込み
他のパーツなら腐食さえ防げば、ウン十年前から保管しているものでも使えるが
ゴム製品のタイヤは使わなくても製造された時点から劣化が始まるもの、よって
買い置きがきかない、よって悩みのタネなわけです。

現在輸入物はランドナー愛好者が集まるいくつかの有名ショップで何等かのブランド
の物が手に入りますが、小口輸入物なので安定して同じ銘柄のものが買えるかは?です。
「650AorB を取り扱ってくださっているショップさん、頑張ってください。」笑顔

行きつけの自転車屋さん「ルナサイクル」のHPを見ていると「ミシュランのランドナー
用タイヤ入荷」の記事発見、ここの店長は街の一般的なお客さんが気軽に入り易い様に
シティ?車や子供車を中心に展示して、あえてマニア色を控えていますが、広く自転車
の楽しみ方をサポートしたいという考え方から、よく店内を見回すとシティー車に混じって
コルナゴのフレームやカンパのウェア、はたまたランドナーのパーツがあったりします。

HPで読んだランドナーのタイヤが気になりポタリングがてらルナサイクルに寄ってみました。

ありました、ありましたミシュラン ワールドツアー 650×35Aです。
bdfc0622.jpg

なんとなく懐かしいベタッとしたアメサイドのモデルです。
サイドは細かい縦じまで昔から変わらぬデサイン、重そうだけど良い雰囲気です。
「う?ん、主にポタリングに使っているランドナー(70年代後半のもの!)に
似合いそうだ落ち込み。。。」

で、買ってしまいました。↓お値段はとても安かったです。
                      (お問合せはリンク先ルナサイクルまで)
65166776.jpg


パターンはこんな感じです。↓実測幅は36mm でした。ちょっと太めです。
f8b141b9.jpg

まだあまり走っていませんが、ワールドツアーという名前どうり、とにかく丈夫さを重視したタイヤの様です。サイドが厚手の為か少々の段差や小石のダートなどでタイヤがヘタレて
リム打ちする気がしません。きっと時代が時代だったらサイドバックを4つ装着してテントを積むようなキャンピング車に最適なのでは?と思います。
欠点はご察しのとうり重いことですが、ツーリングに使えないレベルでもなく、ブロックタイヤのMTBで(舗装路の場合)遠乗りするよりずっと軽快でしょう。

またダート-石畳ー歩道等と路面が変化する緑道ポタリングにもタイヤに気を使わなくて良いのでお気楽に走れ、最適かもしれません。

緑道は初夏

6月4日(土)
5月は信州に出掛けてばかりで、ちょっとご無沙汰だった港北NTの緑道、
下の娘と久々にポタリングに出かけると、すっかり植物が初夏の色合いに
変化していた。先週は長野で残雪と新緑を眺めていたのだが、、、横浜と
北信濃では約1月の差があるようです。

港北ニュータウン緑道.くさぶえの道.徳生公園付近
dc7c1804.jpg


港北ニュータウン緑道.ささぶねの道.鴨池公園付近

ちょっと信州青木湖近くの姫川源流に似てます。
もちろんあちら程綺麗ではありませんが、港北ニュータウンの自然は、未開発の所に自然が偶然残っている訳ではなく、将来も定規で描いたような無機質で人工的に植えた街路樹ばかりの街にならない様に、開発エリアと自然保護エリアを最初から別けて設定して自然保護エリアではできるだけ元々からあった植物を伐採しないようにし生態系の保護に努めています。夏にはホタルやカワセミの姿も見る事ができます。
8ddde817.jpg


2005年06月04日

嶺方(白沢)峠ラン

05年5月28?29日
月例のクラブランで信州、鬼無里?白馬間の嶺方(白沢)峠に行ってきました。
このサイトを御覧になっている方は御存知かと思いますが、5月に入って3度目(!)の信州、「なんて暇な道楽者なんだ!」と思われてしまいそうですが、こんなことは初めてのことで、いろいろと訳ありで月に3度も信州を走る事ができました。本当に例年なら1年分の遠征です。ちなみに5月中に大好きな日本アルプスを中央ア?南ア?北アと全部眺めることが出来ました。(本当にこんなこと初めてだってばびっくり(^^;.....)

コース...28日.信濃大町駅ー木崎湖(稲尾)ー美麻村新行ー青具ー小川村大洞高原(泊)
    29日.大洞高原ー大洞峠ー鬼無里ー嶺方峠(白沢峠)ー白馬ー佐野坂ー大町

美麻村新行. バックは北アルプス鹿島槍ヶ岳
942ef423.jpg

鹿島槍ヶ岳
f548c5f4.jpg

大洞峠から鬼無里に向かうダウンヒル、長閑な集落が見えてきました。
e20fe6e2.jpg

嶺方峠(白沢峠)白沢隧道からの白馬岳、クラシックタイプ?のサイクリストの間では有名な景色です。ちなみにこの峠、同種の方々以外では嶺方峠と呼びません。白沢峠といいます。トンネルの上の旧道も夫婦岩越といいます。
5ceebc21.jpg

峠から見た白馬岳、ガスっていまいちの写りですが、実際の眺めはホント感動ものです。
8502bba3.jpg


2005年06月02日

しらびそ峠ー(おまけ-昼食編)

05年5月15日  またまた蕎麦屋...
しらびそ峠から下ってきて、輪行予定の飯田線伊那大島駅に思ったより早く着いたので
駅周辺で「お昼を食べよう」ということになりました。

ランドナー→信州→昼飯とくれば『蕎麦』です!(と、勝手に思っている自分、、、落ち込み)これが走り終えた後の宿だったりすると、ランドナー→信州→温泉→馬刺(ビールor地酒)→玉砕(^^;、、、だったりします。

適当に駅周辺を流していると、ちょっとイイ感じのお蕎麦やさん発見。

        にっぱち庵83c7fc3e.jpg

















大好きな挽きぐるみのお蕎麦です。透明感のある麺に粒が混じっていて噛みごたえがあります。つゆはちょっと甘めでした。(あくまでも私の主観、好みで)
右に写っているのは馬肉の七味焼きというもの、馬肉はくせや匂いが少ないので蕎麦と食べても気になりません。思わずビ?ルを頼むと銘柄がキリンハートランドこれまた大好きな銘柄で感激。(なぜか扱っているお店が少ない)

9a79dd62.jpg

お店から飯田線伊那大島駅まで自転車で数分、約1時間の待ち時間がありましたが、話し好きな駅員さんが飯田線に過去走っていた機関車のことなど話してくれ、退屈しない待ち時間となりました。  (長閑でいいな?笑顔

bdf3fbdd.jpg

帰りの輪行は「行きとは違った列車で帰ろう」ということになり、中央線岡谷を経由して特急あずさで帰りました。