2005年08月04日

乙見山峠ーその1

2005年8月3日

乙見山峠(長野県北安曇郡小谷村ー新潟県中頸城郡妙高高原町)ラン

夜行快速ムーンライト信州で白馬まで輪行し乙見山峠を超えました。

白馬駅ー南小谷ー中土ー小谷温泉ー(妙高小谷林道)ー乙見山峠ー(杉野沢林道)ー
 笹ヶ峰高原ー杉野沢温泉ー妙高高原ー野尻湖?黒姫駅

----------------------------------------------------------------------------------
小谷温泉山田旅館にて
今回は泊まったわけではありませんが、建物があまりにも渋かったので写真をとりました。
こんな宿に前泊して峠に挑むのもいいですよね、

25b838ba.jpg

----------------------------------------------------------------------------------
ムーンライト信州81号、早朝白馬駅にて
終戦直後から約40年続いた中央線夜行鈍行が急行アルプスに変わりこれも廃止され、ムーンライト信州となりました。快速ですが車両は昔特急あずさに使用していた185系、懐かしい国鉄色です。30?40歳代の人は特急というとこの色の電車のイメージがあるのでは、

7e9824f1.jpg


白馬村森上より白馬岳、ガスって下の方しか見えませんが、真夏でも溶けない大雪渓が見えます。
40fb9c67.jpg


南小谷駅、ここから大糸線糸魚川側は非電化区間、最近国鉄時代のリバイバル塗装を施したディーゼルカー、キハ52が停まっていました。ここから糸魚川よりは1日5?6本しか運行されていません。見れたのはかなりラッキー?(ちょっと鉄?)

ba35350c.jpg


小谷温泉手前のル?プ状の急坂
この時点ではこれはキツイと思っていたが、この後待ち構える林道のダート坂に比べればイントロ以下の坂であった、、、汗

38c74fc2.jpg

その2につづく

乙見山峠ーその2

2005年8月3日(乙見山峠ーその1のつづき)

小谷温泉ー乙見山峠

乙見山峠を妙高側へ下った所で、乙見湖と妙高山の裾野の展望がひらけました。
妙高山の上のほうは残念ながら雲の中です。

88e8b4d2.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
小谷温泉村営雨飾荘露天風呂
雨飾荘から少し離れた森の中にあります。どうせこの後の登りで汗だくになるとは思ったのですが、あまりにも気持ち良さそうだったので入ってしまいました。温泉
かけ流しの正真正銘の温泉、ちょっと薄いワインの様な色をしています。
d273d4f5.jpg


妙高小谷林道
小谷温泉を過ぎると道はガードレールも無い林道に変わります。峠まで1/3の所でダートになります。
31617e3a.jpg


峠までもう少し!谷の下の方に登ってきた道が小さく見えます。
5e67a4c2.jpg


乙見山峠(1510m)約1000mの標高差を登ってきました。汗
8ea1d1ef.jpg

その3へつづく...

乙見山峠ーその3

2005年8月3日(乙見山峠ーその2のつづき)

乙見山峠ー笹ヶ峰牧場ー妙高高原ー野尻湖

笹ヶ峰牧場にて(ブラウザによっては右端の牛さんが表示されないようです。)
37aea649.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
乙見湖周辺はこんな原生林の中のダートが続きます。
348bbe1f.jpg


森の中のダートは笹ヶ峰高原の手前で舗装になります。周りの景色も暗い森から一転して牧歌的な明るい草原に変わります。
f97a4c89.jpg


妙高高原のスキー場付近まで下ると眼下に野尻湖が見えてきました。
6c01cb3d.jpg


野尻湖にて、この後お約束の蕎麦屋三昧を楽しもうと、名物霧下蕎麦を求め黒姫の町に出たのですが、夕立に降られ、蕎麦屋も閉店しているし困った散々、、、
雨も中々止まず、黒姫駅で輪行を決断し帰路に着きました。

23984387.jpg


白馬駅ー乙見山峠ー黒姫駅. 走行距離約60km

2005年07月29日

鵠沼海岸、親子ポタリング

2005年7月29日.   湘南、鵠沼海岸親子ポタリング

前回の続きとして、また別の富士塚にでも行ってみようかと思っていましたが、家族の都合で下の子(小学校低学年)と二人きりになってしまったので、ミニ富士はまたの機会として、下の子の好きそうな所へポタリングに行くことにしました。

3f714f2e.jpg


以前、海に行きたいようなことを言っていたので行き先は湘南の海岸としました。
ただ最初から海辺までデポしてしまうと感動が薄くなるので、引地川沿いの公園の駐車場に車をデポし引地川のサイクリングロードで鵠沼海岸に出ました。この川沿いのコースは海まで危険な市街地を通らず住宅街オンリーで行けるので子連れポタにはお薦めです。

05a1e9e9.jpg


鵠沼海岸(鵠沼橋)にて、「あっ、海だ?」横浜在住なのでそんな珍しくもないのですが、
海岸は毎日見てる訳でもないので(北部なので)そんな気持ちにもなるのでしょうか、、、

4aac376f.jpg


近郊とはいえ、海ってなんかイイですよね、、、笑い

a14b7db2.jpg


鵠沼海岸の青空。(家族共用?プジョーコリブリ16、ゲタがわりのつもりで入手したが意外と良く走る、20?30Km程度のポタリングなら余裕)


18945c22.jpg


娘はポタリングより海に夢中 <帰路も走るんだぞ?>
(娘の自転車はスペシャ ハードロック20改、一緒に組み立てました。笑顔 )

2005年07月25日

夏の富士塚3+1山

2005.07.24
夕方まで天気が不安定だったので、午後3時過ぎからの御近所ポタリング。

江戸時代末期ここらへんは(横浜北部)富士信仰が盛んでいくつかの講があり、その信者達
(講員)の手によりミニ富士山(富士塚)が築かれた。近年の開発で半数以上の富士塚が壊されてしまったが、横浜港北地区には公園化されきちんと保存されている富士塚がある。

山川和富士...美しいコニーデ形状とちゃんと愛鷹山まで付帯しているが、残念ながら復元したもので、オリジナルは崩されてしまった。しかし頂上からの360°パノラマは必見(夜景が綺麗)

8c545098.jpg


山山田富士...こちらは江戸時時代末期につくられたオリジナル、噴火口まで再現されている。裏手は人工の塚と自然の丘が綺麗につながっていて、ちゃんとコニーデ形状になっています。
重機など無かった時代に人手だけで築きあげるのは大変な労力だったと思います。
64271a6a.jpg

文政年間(1818-1830年)には存在していたと書かれています。
58614595.jpg


山池辺富士...都筑区の農業地区にぽつんとあります。頂上には浅間神社があり、現在でもお参りにみえる方がいます。
57e2f8f0.jpg


山メカ富士塚?...正体は塵焼却施設の廃熱を利用した温水プールです。
なんと、この地区に残る富士塚にちなんでこの様なデザインにしたそうです。
なかなかシャレ心があって良いのでは笑い

c1db1bfe.jpg

これらの富士塚は港北ニュータウン住民にも良く知られたものですが、実は都筑区内にあまり知られていない富士山がまだあります。ウインクそのうちにまた、、、

2005年07月19日

等々力渓谷ポタリング

05年7月19日
等々力渓谷(東京都世田谷区)ポタリング

自転車を始めたばかりのT君とポタリングの約束をしました。まずは近場ということで多摩サイを通って二子玉川を経由し、都内の小さな秘境?世田谷の等々力渓谷に行きました。

等々力は私の生まれ故郷でもあります。幼少の頃、横浜に引っ越してしまったので記憶はありませんが、都内でありながら田舎、郊外好きの私でもお気に入りの場所です。

注意注意.等々力渓谷内の遊歩道は歩行者用の道なので自転車は遊歩道の入り口に置くか、持ち込む場合は必ず乗車せず押して歩行者の迷惑にならない様にお願いします。
*************************************************************

東急大井町線等々力駅近くから渓谷に降りると都内の喧噪が嘘の様な別世界!気温も街より何度か低く涼しいのです。ペンギン
(自転車は撮影の為置いたものです。乗車しない様にお願いします。)
9ab32b40.jpg

等々力駅近くにて
9a0ab82f.jpg

後輩T君。近くには排気ガスで悪名高い環八(環状8号線)が横切っていますが別世界です。
70099f97.jpg

T君のロイヤルノートン製ロード、サイズが570mmもあって格好良いです。(彼は身長が180cm以上あります。羨ましいですが、私はもう横にしか増えません困った
28015c5f.jpg

奥は等々力という地名の由来となった小さな滝、昔はこの滝の音がこの地に轟いていたそうです。
029ce6d6.jpg

この後、時間に余裕があったので野川沿いに深大寺まで行き、また蕎麦を食べて、神奈川側多摩サイで帰りました。(しかし暑かった落ち込み32?3℃ありました。でも渓谷内は28?9℃でした。笑顔

2005年07月18日

町田尾根緑道(旧戦車道)

2005年7月17日
所属しているクラブのランで町田多摩丘陵地帯にある尾根緑道にでかけました。
第二次世界大戦時、陸軍の戦車試走用の道を遊歩道として整備したものです。

夜から仕事だった為、昼食後ひとり離脱して帰宅しました。夕方までクラブのみんなとのんびり楽しみたかったな、、、独りで気ままなランもいいですが、気の合った仲間とのランもホント楽しいものです。

*お出かけの方は、サイクリング専用道ではないので歩行者最優先を厳守してください。

尾根緑道 下小山田寄り入り口にて
f1dbfccd.jpg


2005年07月13日

みかん園

05.07.12
港北ニュータウンの中に小さなみかん畑があります。みかん
予約制のようですが、シーズンにはみかん狩りが楽しめるようです。
実が色づくころ家族でポタリングで訪れるのも一考かも。

手書きの看板がいい味をだしてるはてな  久々にMTBをひっぱりだしてみました。
57ff2642.jpg

まだ固そうな緑色の実が沢山なっています。実がオレンジになったらまた写真を撮ろうみかん
2ac3ac87.jpg

797197d2.jpg

街の中にこういった場所が残っているって、なんかホッとしませんか?(^^)
-----------------------------------------------------------------みかん

帰り、港北ニュータウン緑道富士谷戸の道にて、当サイト初登場のMy MTB 97?98y CANNONDALE .F900改、

里山トレッキングや緑道ポタリング用に入手しました。太いタイヤとサス付きフォークはとても安楽に乗れますが、ランドナーで遠出ができないと「気分だけでも、、、」と思い、近場でもついランドナーを出して疑似ツーリングをしてしまう為、最近出番が減ってしまいました。
近いうちに性能が発揮できるコースにも出かけたいと思っているのですが、、、山
1ea9d77c.jpg

特徴はいにしえ?のカンパのMTBパーツを駆動部に使っていることと、今だサイドがアメ色のタイヤにこだわってしまうこと(コンチネンタル製)最新の機材を好むMTBマニアには???といった感じかもしれませんが、自分ではこういった組み合わせも悪くないなと思っています。笑い

2005年07月08日

自作変速ワイヤー ジョイント金具

05.07.07
先日紹介したデ.モンタ ランドナーのディレーラーワイヤーのジョイント部の紹介

先にも書いた様に約25年前のパーツ、一応メーカーに問い合わせてみましたがやはりありません。レバーが通常のランドナーの様にダウンチューブにあるのでワイヤーを分割出来る様にしないとデ.モンタの意味がありません。モールトン用のものを使う手もあったのですが、できるだけDIYレストアするというテーマもあるので自作してみました。
e168dd9a.jpg

本体はアルミ合金、ジョイント用の中子はスチールです。
ワイヤーはイモネジで固定、ジョイント部はオスメスになっていて、オスの中間に凹みを設けており、ここにメス側本体のイモネジを当て固定します。

        ↓これは...?
7502ed50.jpg

実はオスメスを引き寄せ合うネジ込み式ではないので、張りのある2本のワイヤーを片手で引き寄せ、もう片方の手でアーレンをまわすのがキツイのでした。落ち込み
そこで、こんなツール?を作ってみました。(毛抜きではアリマセン)
2024T3アルミ合金製で重さは7?8g程度なので携行時、気になりません。
4dce78be.jpg

この様にワイヤーを引き寄せるのに使います。(サイドプルブレーキの調整ツールみたいな使い方です。)輪行で出かける時、このツールを忘れるとワイヤー接続時指が痛くなるわけです。困った

2005年07月05日

新リンク先紹介.壮年自転車紀行ー45歳からの自転車日記

ブロンプトンとランドナーで巡る日本の風景、 minivelo20 さんの< 壮年自転車紀行ー45歳からの自転車日記 >自転車と風景の綺麗なBlogです。(aiz)
a2cafd67.jpg


at 21:58|PermalinkComments(1)